特集

【スーパーカブで楽しむツーリング】カブ下道紀行:諏訪から山梨県中北・クリスタルラインへ

一泊二日500㎞以上、ガソリン代は1000円ちょっと。こういう旅がしたかった

カブは頼もしかった。クリスタルラインの狭く、アールが小さく、古い舗装を落ち葉が覆っているような道ではちょうどイイ。
フルサイズのオフロード車やスポーツバイクでは速度が出る分、ブレーキングも大変。でも、カブなら景色や空気を楽しむ余裕がある。多少のラフロードでも軽いからどうとでもできる。

●ここはクリスタルラインからの枝道。こんな急な下り斜面のラフ路面でも、クロスカブ110の17インチブロックタイヤなら問題なし。1速スタンディングで軽く走破


●ガードレールもない木立の中のワインディングはカブにとって最高の道。大排気量車じゃつらいだけか? 木漏れ日が美しい

頼もしいのは燃費もそうだ。山道で全開が続いても確実に50㎞/L以上。
両車の最低が50.4㎞/L。最高が69.7㎞/L(どちらもクロスカブ)。
急登坂が続く区間ではC125のほうが好燃費(100㎏オーバーの小川が乗って平均56.3㎞/L)。
クリスタルラインは全長68.1㎞で、当然ガソリンスタンドはなく、その前後にも少ないから燃費のよさは大きな安心材料だった。

結局2日間で500㎞以上走った。

●八ヶ岳高原には、見事に水が張られた美しい棚田が広がっていた


それでも疲れは少ない。
スピードが出ないから? それもある。風圧は疲れの一因だから。カブなら風圧というほど速度が出ない。
シートもイイ。ライディングポジションも楽。
優しいエンジンと軽い車体と、それに何よりカブだから。可愛いバイクは疲れない(楽しいから)。
復路では真っ暗な山道も走った。LEDヘッドライトが前方を明るく照らしてくれるから不安も最小限だった。

時短の時代。でも、1日300㎞程度なら下道旅のカブでも問題ないし、高速道路料金も不要。
かつ好燃費で宿泊費分が出てしまう。宿の御主人にも青木さんにも、「東京からじゃ大変でしょう」と言われたけれど、いやいや実は楽なんです、と答えると、不思議そうな顔をされた。

一泊した絶景の中の宿「ペンション フィールド」は食事も美味!


住所:山梨県北杜市小淵沢町6700
TEL:0551-36-5341 URL: https://www.p-field.net

日が長くなった。下道ツーリングにはウレシイ季節。
早起きしてカブを駆れば、新しくて、でも、ちょっと懐かしい旅が待っていると思う。

●一生懸命走るけれども、カブの旅だからこそひと休みも忘れない


 

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

ページ:
1

2

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【NEW ITEMS】SP TADAO POWERBOX Full 4in1(耐熱ブラック) トライアンフのスクランブラーシリーズがお得に手に入るフェアが実施 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) 【NEW ITEM】SP忠男よりCB250R&SR400用マフラーが登場! 今までになかったまさに「普段着」なライディングウェア スクーターが手軽に使える!? スクーターシェアサービス今夏より提供開始
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP