ツーリング

クルマだけでなくバイクもOK! 愛車のおはらいをしてくれる関東の有名寺社5選

バイクもクルマも、趣味としてだけではなく、仕事や買い物などの日常生活で無くてはならない存在ですよね。
そんな愛車をもっと大事にするために、神社やお寺での交通安全祈願・車祓(くるまばらい)をしてみませんか?
新車、中古車に限らず納車後というのはよくありますが、「長く乗っているけど、もっとコイツと走り続けたい!」と思った場合など、自身のタイミングでお願いできます。
「車祓したからモヤモヤが晴れたな」と自分の心も落ち着けば、いっそう安全運転につながるはずです。

交通安全祈願・車祓というとクルマのイメージが強いかもしれませんが、実はバイクも同じ様に行ってもらえる神社・お寺がほとんどなんです。
そのうえ、基本的に予約などは必要なく、当日現地に赴き受付を済ませるだけで、思っている以上にハードルが低いんですよ。
当記事では、バイク、クルマを問わず交通安全祈願・車祓を行ってくれる関東圏の神社お寺を紹介しましょう。

明治神宮(東京都渋谷区)

●車祓所 (C)明治神宮

明治神宮はJR原宿駅等から徒歩数分の大都会のド真ん中にある神社で、明治天皇と皇后の昭憲皇太后をお祀りしています。
都内有数のパワースポットとして名高く、初詣での参拝者数が300万人を超え日本一と言われており、令和2年に鎮座100年を迎えます。
夫婦仲や縁結びのスポットとして有名ですが、手数入り(横綱土俵入り)や七夕まつり等、幅広い祭典と行事、厄祓い、祈願が執り行われています。
悪い気を浄化し様々な運を向上してくれる「清正井」や、長生きできる健康的な体になると言われている「亀石」。南参道にある八十八度の曲がり角など多くのご利益にあやかれると言われている明治神宮ですから、車祓と本殿への参拝をすれば心強いはずです。

URL: http://www.meijijingu.or.jp

 

西新井大師(東京都足立区)

西新井大師は厄除けのご利益で有名なお寺です。
環七(東京都道318号環状七号線)沿いにあり車両でのアクセスが容易で、車祓のために訪れたことがある方も非常に多いのではないでしょうか。
大本堂には十一面観音と弘法大師を黄金で祀っており、実際に見ればその迫力に驚くこと間違いなし。
西新井大師は「関東厄除け三大師」の内の一つで、そのご利益は是非あやかりたいものです。

URL: https://www.nishiaraidaishi.or.jp

 

川崎大師(神奈川県川崎市)

同じく「関東厄除け三大師」の一つである、川崎大師もバイク、クルマどちらの車祓を行っています。
車祓を行う交通安全祈祷殿は、どことなく南アジアの雰囲気ただよう建物で目新しさがあるはずです。
カワサキ乗りなら行くしかない!?

成田山新勝寺(千葉県成田市)

成田山新勝寺は成田空港の近くに位置するお寺です。
災難から守護してくれる不動明王を本尊として祀っており、1日に複数回行っている「御護摩(おごま)祈祷」では参拝者の持ち物を火に当てる「御火加持(おひかじ)」にて不動明王の御霊徳をいただけます。
これは是非とも体験してみたいところです。

車祓は交通安全祈祷殿という、成田山新勝寺大本堂とは別の場所で行われます。
車祓へ行く際は、こちらへ直接向かいましょう。

●交通安全祈祷殿 (C)大本山成田山新勝寺

URL: https://www.naritasan.or.jp

 

鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)

鶴岡八幡宮は観光地としても有名な、鎌倉を代表する神社です。
鎌倉幕府を作り、初代鎌倉幕府将軍の源義朝が参拝したことでも有名ですよね。
勝負運や商売繁盛、交通安全等のご利益を授かることができ、神奈川県随一のパワースポットとしても有名です。
周辺にも数々の神社仏閣があるため、それらを巡りながら休日に過ごすにもバッチリ。
ただし、周辺は道路が狭く駐車場が限られていたり、観光スポットでもあるため、車やバイクで参拝する際は混雑時を避けていくことをおすすめします。

URL: https://www.hachimangu.or.jp

 

番外編「バイク神社」があるのを知っていましたか?

(C)安住神社

栃木県にある安住神社は「全国バイク神社認定第一号」であり、バイクを愛する者ならば見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。
バイクに乗る女子高校生の日常生活を描いた漫画「ばくおん!!」で登場した事でも有名になりました。
筆者も一度訪れたことはありますが、沢山のライダーが参拝していて改めてバイク神社の認知度の高さを実感しました。
その名称から「安らかなる住まいの神様」と呼ばれ地域住民からの信仰も高く、また「子授け・安産・子育ての神様」としても有名です。

安住神社主催のツーリングイベントや、駐車場にあるヘリポート(神社として国内初のもので、ヘリコプターのお祓いも執り行っています)を使いヘリコプターフライト体験を行っているなど、地域住民・参拝者との繋がりも深い神社です。

(C)安住神社

URL: http://yasuzumi.com


いかがでしたか?
今回は関東を中心に有名な神社・お寺を紹介しましたが、記事中で紹介していない数多くの神社・お寺でも、交通安全祈願・車祓は執り行われています。
ですが、安全なバイクライフ、カーライフを過ごすうえで、もう一つ大事なのは運転手の意識。
安全運転を心掛け、また周囲の状況にもしっかり気を配りながら愛車と楽しい時間を積み重ねていきたいものです。

(まとめ●モーサイ編集部・佐藤)

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

大排気量天国アメリカ生まれの8200ccバイク! 日本にも少数輸入された「ビッグカノン」の姿に仰天する 【NEW MODEL IMPRESSION】KTM 790 ADVENTURE/R その違いは何か? 身長159cmライダーが検証 足着き最強はどれだ!?「安心足着き250ccバイク」5選

カテゴリー記事一覧