ツーリング

今年の北海道ツーリングは大自然の島、奥尻島へ! ハートランドフェリーで行けば、ライダーフラッグが手に入る!!

バイク乗りにとって特別な場所が北海道。今夏、北海道ツーリングを計画しているライダーも多いでしょう。そんなライダーたちにぜひ訪れてほしいのが「奥尻島」です。

奥尻島は北海道南部(道南)の西に浮かぶ離島で、面積は約143平方km、最高峰の神威山は標高584m。2200人以上が住んでいます。
島の8割が緑に覆われた大自然の島で、オクシリブルーと称されるきれいな海、長い年月を掛けて自然が作った奇岩、そしてウニやアワビなどの海の幸がライダーを出迎えてくれます。

ほかにも北追岬公園の彫刻群や、神威脇温泉、SAPやカヤック、サイクリングなどのアクティビティ、日本で最初にできた離島ワイナリーなど、見どころ盛りだくさん!

そんな奥尻島を訪れるのにお薦めなのが、北海道本島の江差と奥尻港をつなぐハートランドフェリーです。
ハートランドフェリーではバイク利用者にオリジナルのライダーフラッグを配布しています。このフラッグをバッグやバイクに付けて旅すれば、気分もグッと上がっちゃいますよね!

また、奥尻島内の北追岬公園内には最西限の標柱があり、フェリーターミナル内の奥尻島観光協会では通常500円で「北海道奥尻島最西限到達証明」を購入できます。さらに実際に標柱まで行って携帯・スマホなどで標柱を撮影し、その画像を観光協会で提示すれば、200円の特別価格で購入できるのです。

江差~奥尻航路は7月~8月は2便運航しており、北海道最西限である奥尻島まで日帰りでの乗船可能です。

今年の夏は、ぜひハートランドフェリーで奥尻島を目指してみましょう!

江差〜奥尻航路を運航する旅客船「カランセ奥尻」
2024年仕様のライダーフラッグ
北海道最西限到達証明(表)
北海道最西限到達証明(裏)
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

青森県発のKTM正規ディーラー、RIDING SKETCH 弘前がオープン マウントシステム サインハウス スマホホルダー 【サイン・ハウス】簡潔で機能的なマウントシステムはもはやドレスアップパーツだ 激しい雨には「AMT STORM GEAR DRYSTAR® XF JACKET」!高い防水&通気性能で快適ライディング!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション