ツーリング

青すぎる湖に感動必至!! 北関東は渋滞知らず、GW後半に行きたい群馬の穴場スポット5選

「ゴールデンウィーク、どこへ行っても混んでいるしなぁ……」などと具体的な計画をしないまま後半を迎えようとしているライダーさんに、混雑を回避しつつ見応えあるスポットを巡るお手軽旅をご紹介! 今回お薦めするのは群馬県・四万(しま)エリアです。

①奥四万湖「行くなら湖が最も青くなる4月、5月の今だ!」

奥四万湖 群馬県吾妻郡中之条町四万

四万川ダムの建設により造られたダム湖。青い理由は諸説ありますが、ダムに注ぐ四万川にアロフェンなどといった水に溶けない懸濁(けんだく)微粒子が混入して青の光が散乱・反射するという説が多く語られています。とくに雪解け水が流れ込む4月から5月が最も美しい青になるのだとか。

また、周辺の有名観光スポットに比べて交通量も少なく、四万湖を時計回りに周回する道の大半が一方通行になっているため、走りやすい点も魅力。しかも、周回ルートのクライマックスでは、ダムの上を東から西へ向けて走行することができるのです(歩行者もいるので、その辺りはもちろん配慮をお願いします)。愛車と一緒にダムの上で記念撮影してみてはいかがでしょうか?

放水中の四万川ダム

②道の駅 霊山たけやま「ゴールデンウィークならではの絶景を見に行こう!」

道の駅 霊山たけやま 群馬県吾妻郡中之条町五反田222-1 営業時間:9:00〜16:30(3〜11月。冬季は〜15:30) 定休日:水

古くから霊山として信仰を集めてきた嵩山(たけやま)を背にして建てられた「道の駅 霊山たけやま」。ごつごつした岩肌をのぞかせる山頂から、道の駅駐車場までつながる無数の鯉のぼりが風にそよぐさまは迫力満点。ちなみに2024年の鯉のぼりの掲揚期間は5月24日までです。

③旧太子駅「国の登録有形文化財にもなった鉄道遺構は写真映え抜群」

戦後日本の復興を支えた群馬鉄山。そこから運ばれてきた鉄鉱石を貨車に積み込む作業に使用されていた旧太子(おおし)駅のホッパー棟は、上部から鉱石や砂利などを貨車に投入できるようになっていました。今では1階部分を残すのみとなっており、その1階も崩落の危険があることから、見学はホッパー棟の外側からのみ可能。

また駅構内には日本各地から集められた車両が12台展示されている。中でも令和5年から仲間入りした「ワラ1形」と呼ばれる車両は、製造番号1番の貴重なものだそう。なお、このホッパー棟は旧群馬鉄山に関する唯一の遺構として、国の登録有形文化財に指定されています。

規制線ぎりぎりの所から見えるホッパー棟の内部。隙間からのぞく青空が美しい
旧太子駅 群馬県吾妻郡中之条町太子 営業時間:10:00〜16:00 定休日:無(冬季は火〜金) 入場料:200円

④積善館「千と千尋の神隠しのモデル!?とも噂されるノスタルジックな温泉旅館」

積善館といえばこの景色。元禄時代に建てられた本館へと続く赤い橋。この本館の裏に増築された別館が連なり、館内は迷路のようになっている

スタジオジブリの名作アニメ映画『千と千尋の神隠し』制作の際に参考にされたのではと言われている温泉宿のひとつ、積善館本館。ここを含む四万温泉へと続く国道353号の中之条町エリアには、安全な速度で走行すると音楽が流れる道路「メロディーライン」があり、曲は『千と千尋の神隠し』の映画で使用された「いつも何度でも」。残念ながらバイクの走行ではそのメロディーは聞こえないが、それでもこの宿の前に立つと、思わず「ここで働かせてください!」と叫びたくなるほど「千と千尋感」が最高潮になります。

江戸時代から続くこの本館をはじめ、別館の「山荘」、「佳松亭」ともに大人気で宿泊の予約は困難。しかし、本館にある「元禄の湯」は日帰り入浴が可能なので、宿泊者でなくてもその風情ある温泉や館内の雰囲気を楽しむことができます。なお、本館は群馬県の重要文化財に指定されています。

本館客室内部の様子。レトロなコタツがお出迎え
写真左のアーチ型の窓は日帰り入浴もできる本館「元禄の湯」の外側
積善館 群馬県吾妻郡中之条町四万温泉 日帰り入浴時間:10:00〜17:30 入浴料:1500円(5月6日までのゴールデンウィーク期間は2000円)

⑤水沢うどん街道「四万エリアへ向かうならランチはここで決まり!」

田丸屋 群馬県渋川市伊香保町水沢206-1 営業時間:9:00〜15:00 定休日:水

朝に東京を出発し、四万方面へ向かうとすると、昼前に渋川市を通過することになるでしょう。しかし通り過ぎてしまうのはもったいない! 群馬県道15号・前橋伊香保線沿いには「水沢うどん街道」という、うどん専門店が軒を連ねるエリアがあるのです。ここを楽しまない手はありません。

この「水沢うどん」は、秋田の「稲庭うどん」香川の「さぬきうどん」と並ぶ日本三大うどんのひとつ。清らかな水を使用して作られたツヤ・コシのある麺は、無限に食べていられるほどのおいしさ。

そんな水沢うどんを提供するお店の中でもお薦めなのが、元祖といわれる「田丸屋」。十分な広さの駐車場、店内のレトロな雰囲気や広く取られた座席の間隔に加え、老舗旅館と思うほどの丁寧な接客。ゆったりとくつろげること間違いなし!

駐車場から店舗を見たところ。駐車場も店内も広く快適だ
店内に入ると雅な雰囲気の下駄箱がお出迎え

いかがでしたか? 関東圏からならば日帰りで大満足できるスポット「四万エリア」。この時期しか見られない絶景や、絶品グルメ、名湯など盛りだくさんなのに滋賀草津道路や草津など、群馬県内のツーリングスポットと比較すると道が空いていて走りやすいのも魅力。この週末、ふらりと行ってみてはどうでしょう。

レポート&写真●モーターサイクリスト編集部・仲田

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【モーサイチャンネル】RZ250R改 RZ500Rエンジン始動 『イージー・ライダー』人気に便乗したB級映画と思ったら、笑いあり涙ありのエンタメ作品だった『C.C.ライダー』 表示義務はないけど「車体から生やす」画期的なバイク用初心者マークが登場、安全な走りにも貢献!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション