新店舗

モトフィールド浜松がファンティックの取り扱いを開始

サイン・ハウスは、モトフィールド浜松が2019年11月にイタリア製バイク・ファンティックの取扱店、ファンティックプロショップとなったことを発表した。

ファンティックプロショップとは、展示車や試乗車を用意しているファンティックの正規販売店。車両の整備にも長けており、その名に恥じない万全のアフターサービスでユーザーをサポートしてくれる。

モトフィールド浜松では、試乗車はキャバレロ スクランブラー250を用意している。また、トライアンフやハスクバーナなども取り扱っており、サーキット走行やオフロード、ツーリング、キャンプなど、幅広い遊びを提案するのも特徴。店舗は東名高速・浜松ICにほど近く、広い駐車場や駐輪スペースを持つため、気軽に来店できるはずだ。

CONTACT

問い合わせ先 モトフィールド浜松
住所 静岡県浜松市東区下石田町1866-1
電話番号 053-424-7711
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜日、第2・4火曜日
URL https://www.facebook.com/Husqvarna.hamamatsu/
  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

車椅子のまま運転できるバイク・コアラ 製作者の夢は「パラリンピックマラソンの先導車に使ってほしい」 21世紀ホンダ破天荒伝説「Nプロジェクト、その全貌」第2章:中野耕二 主任研究員というヤバイ渦巻 【SHOEI】ブースでは新シリーズ「NEXT LINE」が推し! 「Z-8 IDEOGRAPH」を接写する! [大阪モーターサイクルショー2023]から

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション