ニュース

【NEW MODEL】2500cc3気筒エンジンを搭載! TRIUMPH ROCKET 3 TFCが世界限定750台で登場

トライアンフの最新型ファクトリーカスタム「ロケット3 TFC」を、2019年冬ごろ750台限定で発売すると発表されました。

2004年に発売されたトライアンフの伝説的なモデルである「ロケットⅢ」は、筋⾁質で堅牢な存在感と圧倒的なトルクで人気を集めたモデル。
今回登場したロケット3TFCは2500cc直列3気筒エンジンを搭載し、⼼を躍らせるような筋⾁質な存在感最⾼⽔準の⾼級仕様装備を搭載したファクトリーカスタム。TFC(トライアンフファクトリーカスタム)の名にふさわしいモデルとなっています。

ゴールドのディテールがあしらわれたプレミアムTFCバッジ、そしてインストルメントマウントにあるシリアルナンバーの⼊った美しいプラークを特徴としており、それぞれが完全に固有のもので、ひとつとして同じものはありません。

超限定特別仕様⾞両

すべてのロケット3TFCオーナーには、トライアンフCEOのNick Bloorによるサインが⼊ったシリアルナンバーレター、個別のカスタムビルドブック、TFCのブランドロゴが⼊ったレザー製リュック、そして美しいロケット3TFC屋内⽤バイクカバーが付属。各⾞両固有のTFCハンドオーバーパックも提供されるなど、プレミアム感あふれる内容となっています。

世界限定750台で、全国のトライアンフ正規販売店にて2019年冬ごろ発売予定。価格は325万円(税込)です。

完璧なまでのエクスクルーシブなスタイル


●世界750台限定⽣産で、各⾞両固有のシリアルナンバーが⼊ったプラークとバッジ付き
●特別なRocket 3 TFC ハンドオーバーパック

美しく、そして堅牢な存在感とスタイル

●圧倒的で絶⼤なスタイルとスタンス
●シグネチャーデザイン
・ツインLED ヘッドライト
・⾰新的な3連のスカルプテッドエキゾーストヘッダーパイプ
・特徴的な⽚持ち式スイングアーム
・レザー製で交換可能なシングル/ツインシートセットアップ
●カーボンファイバー製のボディワークを含むプレミアムなディテールとフィニッシュ

カテゴリーを⽀配するテクノロジー

・より⾼度な機能を備えた第2世代TFTディスプレイ
・最適化されたコーナリングABSおよびトラクションコントロール
・4つのライディングモード
・トライアンフシフトアシスト

世界を圧倒するパフォーマンス

2500ccという規格外の排気量を誇る世界最⼤の量産型二輪車⽤エンジンは221Nm以上の最⼤トルクを発揮。最高出力は170馬力となり、先代よりも13%以上アップしています。
もちろん卓越したエンジン性能は、軽量チタンインレットバルブの採用など従来のロケット3よりも高回転化を可能にした最先端のコンポーネントによって実現しています。
また、カーボンファイバー製エンドキャップを持つロケット3TFC専⽤のARROW製サイレンサーなどのテーラーメイドの装備も搭載しています。

主要諸元

車両名:ROCKET 3 TFC
エンジンタイプ:インライン3気筒、⽔冷、DOHC
排気量:2458cc
ボア/ストローク:110.2 mm x 85.9 mm
最⾼出⼒:170PS以上
最⼤トルク:221Nm以上
燃料供給⽅式:ライドバイワイヤ式燃料噴射
エキゾーストシステム:ステンレス製3-INTO-1 ヘッダーシステム(ARROW製3本出しサイレンサー)/ キャタライザー
駆動⽅式:シャフト、ベベルボックス
クラッチ:油圧式、スリップアシスト
トランスミッション:6速
フレーム:フルアルミニウムフレーム
インストルメントディスプレイ:TFT 多機能インストルメントパック(デジタルスピードメーター、トリップコンピューター、デジタルタコメーター、ギアポジションインジケーター、燃料計、メンテナンスインジケーター、外気温度計、時計、ライディングモード(レイン/ロード/スポーツ/ライダー設定) – アクセサリーのBluetooth 接続モジュールを搭載することでTriumph TFTコネクティビティシステムを追加可能)。
スイングアーム:アルミキャスト製⽚持ち式
フロントホイール:17 x 3.6 インチ、アルミキャスト
リアホイール:16 x 3.6 インチ、アルミキャスト
フロントタイヤ:150/80 R17 V
リアタイヤ:240/50 R16 V
フロントサスペンション:Showa製47mm径カートリッジ式倒⽴1+1 フロントフォーク(コンプレッションおよびリバウント調整可能、トラベル量:120mm)
リアサスペンション:Showa製フルアジャスタブルピギーバックリザーバーRSU(油圧式リモートプリロードアジャスター、トラベル量:107mm)
フロントブレーキ:320mm径ダブルディスク、Brembo製M4.30 Stylema 4 ピストンラジアルモノブロックキャリパー、コーナリングABS
リアブレーキ:300mm径シングルディスク、Brembo 製M4.32 4 ピストンモノブロックキャリパー、コーナリングABS
シート⾼:773mm
キャスター⾓:27.9º
トレール幅:134.9mm
乾燥重量:未発表
燃料タンク容量:19L
燃料消費量:未発表
CO2排出量:未発表

CONTACT

問い合わせ先 トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
電話番号 TEL:03-6809-5233
URL www.triumphmotorcycles.jp/bikes/tfc

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

エルシノアやTYが登場! 70年代「ナナハン」ブームの後に来た、高性能オフロード車の時代 ホンダ ホーク11開発陣インタビュー「ホンダの殻を破ったデザイン、ロードスポーツらしさの追求」 自衛隊のバイク部隊が偵察や災害時に使う車両「偵察用オートバイ」って何だ!?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事