ニュース

ヤマハの三輪モビリティ、トリタウンの実証実験を高山市で実施

ヤマハは岐阜県高山市と協力し、11月9日・10日(予備日16日・17日)に、三輪モビリティのトリタウンの公道実証実験を高山駅周辺で行う。

トリタウンは前2輪・後ろ1輪の小型電動立ち乗りモビリティで、フロントにはトリシティなどにも使われているLMW(リーリング・マルチ・ホイール)を採用。乗員がバランスコントロールすることで姿勢制御を行う新しい乗り物として、様々な場所で実証実験が行われている。

今回の高山市では、同車初の公道実証実験となる。一般の人々を対象に、高山駅西交流広場を発着場所とした700mの周回可能な公道で、スタッフ先導のもと体験走行を行うとともに、公道走行による実環境との親和性や観光産業への有用性を検証する。なお、参加条件は16歳以上70歳以下で原付免許以上が必要。参加するには事前に電話予約するほか、当日受け付けも可能だ。

CONTACT

開催日時11月9日(土)・10日(日)10:00〜15:45
(予備日・16日(土)〜17日(日))
会場岐阜県高山市高山駅西交流広場発着
問い合わせ先・申込先高山市TRITOWN公道走行実証実験運営協議会
ヤマハ発動機事務局
予約電話番号0538-32-9715
URLhttp://www.city.takayama.lg.jp

おすすめ記事

【バイク熱狂時代は永遠に:1】1980年代を駆け抜けた“彗星” 大垂水峠のヒーローは今なお激速 【ツーリング立寄り処】心も体もシャキッとする!涼湯TOP10 トリシティ ヤマハ 「守ると遊ぶを1台に」 ヤマハが作ったオフロード特化型防災トリシティの装備を徹底調査!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR1000RR-R 2022 ファイアブレード 30周年
PAGE TOP