ニュース

【リコール情報】トライアンフ。スピードツインにリザーバーホースがマフラーの熱により損傷する恐れ

トライアンフジャパンは、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をした。
 

以下内容

トライアンフモーターサイクルのクーラントリザーバーホースの組み付けが不適切なため、マフラーと接触しているものがある。
そのため、そのホースがマフラーの熱により損傷し、冷却水が漏れ、最悪の場合、後輪タイヤに付着し、転倒するおそれがある。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表した。
対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてクーラントリザーバーホースの組み付けの状態を点検し、不適切な場合は適切に組み付け直す。
なお、そのホースが損傷しているものは新品に交換する。
作業時間は約5分間。
トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信する。
【リコール届出番号 外-2879】
対象モデルおよび車台番号の範囲

※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

 

CONTACT

問い合わせ先トライアンフ
電話番号TEL:03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

実は本格派! ダートフリーク「セロー250オフロード女子仕様」が男子にもおすすめな理由 レブル1100 【ホンダ レブル1100徹底解説】アフリカツイン譲りの1100cc2気筒エンジン搭載、21年春に110万円〜で発売 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた(NSR250R編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP