ニュース

【リコール情報】ハーレーダビッドソン・2モデルにおいて制動装置の表面が腐食し制動力解除ができない恐れ

ハーレーダビッドソン ジャパン、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をした。

 

以下内容

●対象車種:ハーレーダビッドソン「ストリート750」、「ストリート ロッド」、計2車種(製造期間の全体範囲 平成27年7月9日~平成30年10月11日)

●対象台数:計1490台

●不具合部位:制動装置(ブレーキキャリパー)

●リコール事由:ブレーキキャリパーにおいて、ピストンボア部の金属表面処理が不適切なため、表面に腐食が発生するものがある。
そのため、腐食したピストンボア部分が抵抗となり、キャリパーピストンの動きを制限し、ブレーキの戻りが悪くなり、最悪の場合、制動力が完全に解除できないおそれがある。

●改善措置:全車両、前後ブレーキキャリパーを対策品に交換する。

 

ハーレーダビッドソン ジャパンは、以下をもってリコール対策実施100%を目指す。
ホームページでの公表(24時間常時検索可能)

●リコール対象車ユーザーへハーレーダビッドソン ジャパンよりダイレクトメールを発送

●販売店が対象者へ対策実施の為の来店を促すTELコールの実施

●未対策車への定期的、徹底的フォローの継続 etc.

 

【リコール届出番号:外-2825】

対象モデルおよび車台番号の範囲

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

 

CONTACT

問い合わせ先ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
電話番号TEL:0800-080-8080
URLhttp://www.harley-davidson.co.jp
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【三ない運動の何が問題なのか?(2)】「やめる・やめない」より、高校生の交通安全教育に何が必要かを議論すべき 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史① 革に北斎・神奈川沖浪裏を「彫る」 革ジャン工房の挑戦
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP