イベント

日本レース写真家協会「JRPA」、50周年記念の写真展を品川で開催

モータースポーツの魅力と50年の歴史に浸れる写真展

2021年に創立50周年を迎える日本で唯一のモータースポーツフォトグラファーの団体、日本レース写真家協会「JRPA」。
その節目を記念し、「JRPA50周年写真展」が東京都港区「キャノンギャラリーS」で2月9日から3月17日まで開催される(入場無料)。

JRPA在籍会員が世界各地のサーキットなどで撮影した写真から約100点を厳選。
キャノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントしたものが展示され、会場にはケニー・ロバーツ選手が駆ったYZR500、フレディ・スペンサー選手が駆ったNR500の特別展示も行われている。

50年間変わらないスピードという魅力。
50年の間で進化していったマシン・ライダー・ドライバーの歴史。
そのどちらをも楽しめる写真展となっている。

また『日本レース写真家協会 50周年記念写真集』(2000円・三栄)も2月9日に出版され、写真展会場で購入できるほか、全国書店、Amazon等ネット書店で販売される。

『日本レース写真家協会 50周年記念写真集』(2000円・三栄)

「JRPA50周年写真展」開催会場・開催日程

キャノンギャラリーS
東京都港区港南2-16-6
JR品川駅港南口より徒歩約8分
京浜急行品川駅より徒歩約10分

2021年2月9日(火)〜3月17日(水)
10:00〜17:30(日曜・祝日は休館。最終日のみ16:30まで)

トークイベントは開催の有無を含め、JRPA50周年写真展ホームページで告知される。

JRPA会員(59名・敬称略)

鈴木 雅雄、尾関 一、佐久間 健、鉄谷 康博、小林 稔、平田 勝、金子 博、竹内 秀信、中野 幸次、大谷 耕一、森山 良雄、小木曽 良一、永元 秀和、木立 治、柴田 直行、野澤 廣幸、本池 邦雄、森山 俊一、赤松 孝、荒川 正幸、吉見 幸夫、熱田 護、佐藤 正勝、田中 秀宣、大西 靖、服部 眞哉、桜井 淳雄、原 勝弘、増田 貴広、伊藤 嘉啓、松本 浩明、小林 直樹、佐藤 宏治、多賀 まりお、井上 雅行、上尾 雅英、鈴木 悦夫、益田 和久、石原 康、田村 弥、三橋 仁明、小笠原 貴士、山村 博士、佐藤 安孝、加藤 智充、佐々木 純也、小河原 認、鈴木 紳平、高橋 学、秋山 昌輝、遠藤 智、脇田 博之、竹内 英士、吉田 成信、田村 翔、平野 隆治、長谷川 徹、大島 洋行、北川 正明

JRPA特別会員(16名・敬称略)

千葉 允、外園 功光、河原 英二、田中 靖、内山 勇、本間 俊夫、村西 一海、原 富治雄、藤田 知久、石塚 昇、小宮 岩男、松本 高好、住吉 道仁、斎藤 和俊、桜井 健雄、浦部 哲之

まとめ●モーサイ編集部・上野 画像提供●JRPA 会場写真●八重洲出版

CONTACT

日本レース写真家協会
http://www.jrpa.org

日本レース写真家協会「JRPA50周年写真展」

https://cweb.canon.jp/gallery/archive/jrpa-2021/index.html

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「令和のハンターカブ」ホンダCT125の価格と発売時期が見えてきた! 首都高初のハイウェイオアシスが埼玉県川口市に誕生、川口PA時代に比べ二輪駐車場は大幅拡大! 「e-TRAIL PARK(イー・トレイルパーク)南箱根」なら、電動トライアルバイクに手ぶらでチャレンジできる!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事