イベント

東京・銀座でイタリア名門ブランド「ファンティック」の車両展示と試乗会が開催

サイン・ハウスは2月5日から、東京・銀座のモトーリモーダ銀座店でイタリアンモーターサイクル、ファンティックの車両展示を行っている。また、2月29日と3月1日には試乗会も開催する。

モトーリモーダは、フランスのアパレルブランド「ヘルストン」やイギリスのライダーズブランド「ベルスタッフ」、イタリアのシューズメーカー「スティルマーチン」、アメリカのユニフォームメーカーの派生ブランドである「ブラウアーH.T.」、パリコレデザイナーの荒川眞一郎氏が手がけるモーターサイクルウェアコレクション「シンイチロウ・アラカワ」など、国内外の魅力的なアパレルやグッズを取り扱っているセレクトショップ。

そのフラッグシップ店であるモトーリモーダ銀座店で、ファンティック キャバレロ スクランブラー500とフラットトラック250の実車を確認できる。
試乗会では、キャバレロシリーズを試せるだけでなく、車両についての質問や購入ショップの相談なども行える。なお、同店ではサイン・ハウスが輸入するヨーロピアンバイクアパレル、「パンドモト」も取り扱われているので、一緒にチェックすることも可能だ。

CONTACT

試乗会開催日 2月29日(土)、3月1日(日)
会場 モトーリモーダ銀座店(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
問い合わせ先 サイン・ハウス車両事業部
電話番号 03-3721-1770
URL https://caballero.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

広告にソフィア・ローレンを起用!「ホンダ ロードパル(1976)」はファミリーバイクブームを巻き起こした立役者……【昭和原付の記憶帳 1】 驚異の10万円台! ホンダが世界に誇る実用バイク「CG125」は中国生産車でもちゃんと走るのか? 「G感,」ってナニ? 「ブロス」でホンダが模索した非レーサーレプリカ路線【1980〜2000年代に起こったバイクの改変 その7】

カテゴリー記事一覧