イベント

東京・銀座でイタリア名門ブランド「ファンティック」の車両展示と試乗会が開催

サイン・ハウスは2月5日から、東京・銀座のモトーリモーダ銀座店でイタリアンモーターサイクル、ファンティックの車両展示を行っている。また、2月29日と3月1日には試乗会も開催する。

モトーリモーダは、フランスのアパレルブランド「ヘルストン」やイギリスのライダーズブランド「ベルスタッフ」、イタリアのシューズメーカー「スティルマーチン」、アメリカのユニフォームメーカーの派生ブランドである「ブラウアーH.T.」、パリコレデザイナーの荒川眞一郎氏が手がけるモーターサイクルウェアコレクション「シンイチロウ・アラカワ」など、国内外の魅力的なアパレルやグッズを取り扱っているセレクトショップ。

そのフラッグシップ店であるモトーリモーダ銀座店で、ファンティック キャバレロ スクランブラー500とフラットトラック250の実車を確認できる。
試乗会では、キャバレロシリーズを試せるだけでなく、車両についての質問や購入ショップの相談なども行える。なお、同店ではサイン・ハウスが輸入するヨーロピアンバイクアパレル、「パンドモト」も取り扱われているので、一緒にチェックすることも可能だ。

CONTACT

試乗会開催日2月29日(土)、3月1日(日)
会場モトーリモーダ銀座店(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
電話番号03-3721-1770
URLhttps://caballero.jp

おすすめ記事

スズキ 新型カタナ開発陣が語る、新型カタナに込めた想いとは!? 【快適ツーリンググッズ】10人同時グループも可能なインカム登場! MIDLAND BT MESH 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな潮流 Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(Z1編) 【NEWS】HYODの旗艦店に行ってみたら、いろいろとスゴかった! アストラルXにオリエンタルテイストのグラフィックモデルが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP