イベント

バイクの日イベントに展示のヤマハ125ccモデル3車は、すでに日本仕様だった!? YZF-R125、XSR125、MT-125を実車チェック!

ヤマハは、2023年8月19日に行われたバイクの日のイベント「HAVE A BIKE DAY」に、日本での発売を予定している原付二種(125cc)スポーツ、XSR125、MT-125、YZF-R125の3台を展示した。

これら3台は、2023年3月のモーターサイクルショーで日本導入を正式アナウンス。このときは展示のみだったが、MT-125とYZF-R125は全国各地で開催されているヤマハライダーズカフェでまたがれる車両を用意。7月末の鈴鹿8耐でも、XSR125を含めた3台を展示した。今回のイベントでは3台全てにまたがることが可能で、多くの来場者が実車の感触を試し3台の違いをチェックしていた。

その3台の展示車は、いずれも日本仕様と思われる車両だった。その根拠は下の写真。市販車同様の警告表示がすでに貼られていたのだ。

展示車両にはすでに日本語による注意書きが入っていた。これは日本仕様に間違いない!

会場にいた関係者に話を聞くと、これらの車両はアジア各国でも販売されているが、日本に導入されるのは排ガスなどの規制が日本と似ている欧州仕様に近いものになるそう。ただし、コストダウンのためか欧州仕様とは細部が異なっており、アジア仕様に似た部分も少なくない。ちなみにヤマハライダーズカフェや8耐などで展示されたのは日本向けの生産試作車だという。

気になる価格は……ライバルと比較しても大幅に高くはならないとのこと。例えば、ホンダCB125R(47万3000円)やスズキGSX-R125(45万3200円)に対抗できる価格帯(40万円台?)になるはずだ。発売は年内を予定しており、準備ができ次第順次(つまり一斉発売ではない!?)、発表されるようだ。


XSR125

スポーツヘリテージモデルの末弟として登場するのがXSR125。ただし、XSR900のようなカフェレーサースタイルではなく、クラシカルなネイキッドといった雰囲気だ。エンジンは124cc水冷単気筒OHC4バルブで、欧州仕様は11kW(15馬力)/10000rpm、11.5Nm(1.17kgf・m)/8000rpmを発揮。なお、エンジンスペックは3台とも共通となる模様。

XSR125にまたがった印象は、車体自体はスリムだが燃料タンクはボリュームがあるため、まるで250ccクラスのように思えた。フラットなシートは座り心地がよく、ポジションはアップライトすぎない自然なもの。通勤や通学など日常の足としても使い勝手が良さそうだ。

メーターはXSR700に似た円形の液晶タイプ。欧州仕様と同じなら、中央にデジタル表示の速度計、円の縁部分にバーグラフ式の回転計を配置する
倒立式フロントフォークやシングルブレーキディスクは3車共通。XSR125は110/70-17サイズのIRC製ブロックパターンタイヤ、トレイルウイナーを装着
リヤタイヤは140/70-17サイズだ

YZF-R125

ヤマハのSSとしては最小排気量となるYZF-R125は、欧州や東南アジアでは2023型で大幅改良が施された最新モデル。展示されたブラックのボディカラーでは映り込みもあり分かりづらいが、M字形ダクトを採用するのはほかのYZFシリーズと共通。ヘッドライトはR25/R3のような2眼タイプではなく、R7と同じくダクト内に1眼ライトを装備し左右にポジションランプを配置する。

M字形ダクト内にヘッドライトを配置するのはR7と同じ
欧州仕様の2023型YZF-R125

真横や斜め後方から見ると、フロントからリヤまで続く水平基調のラインが印象的。新世代YZRシリーズらしく、R25/R3よりもシャープな、クラスレスなデザインだ。またがるとコンパクトに感じ、足着き性は3車の中でもっともよかった。なお、欧州仕様はクイックシフターも装備可能だ。

YZF-R125
YZF-R3
YZF-R7
YZF-R1
トップブリッジはR1を彷彿させる肉抜きデザイン。メーターはアジア仕様と同じモノクロ液晶か?
欧州仕様のメーターやハンドル周り。日本仕様とはトップブリッジの形状も異なっている
展示されたブラックのボディカラーの車両にはゴールドの倒立式フロントフォークが組み合わされていた。フロントブレーキはシングルディスクで、欧州仕様はラジアルマウントキャリパーが標準だが、展示車両はバイブレ製のアキシャルマウントキャリパーだった。タイヤサイズは100/80-17
リヤは140/70-17サイズ。なお、タイヤはIRCのスポーツツーリングタイヤ、ロードウイナー RX-01だった

なお、YZF-R125と同じシャシーを採用する155ccモデル、YZF-R15も日本導入予定だ。


MT-125

MT-10を頂点とする、ヤマハのスポーツネイキッドシリーズ。その最小モデルがMT-125だ。MTシリーズの特徴である、アップライトな乗車姿勢のモタードスタイルを継承しており、フロントマスクはMT-25/03に近いデザインを採用する。

欧州仕様のMT-125。ヘッドライトは3灯ではなく下部の一眼で、上部はポジションランプだ

またがってみると塊感があるというか、非常にコンパクトにまとめられているのが分かる。足着き性はXSR125よりも良好で、ポジションもよりアップライト。これなら細い路地が多い市街地でも運転しやすそうだ。なお、エンジンスペックはXSR125やYZF-R125と同じ。

メーターはアジア仕様のモノクロ液晶タイプと同じデザイン。欧州向けとは異なる模様
欧州仕様のメーターは5インチフルカラー液晶。トップブリッジの形状も異なっている
YZF-R125同様、フロントブレーキはバイブレ製のアキシャルマウントタイプ。タイヤは100/80-17サイズだ。フロントサスは倒立式フォークを採用
リヤは140/70-17サイズで、銘柄はYZF-R125と同じIRCのロードウイナーRX-01を装着

250ccモデルと比較しても維持費が安く、手軽に乗れる125ccモデル。会場でも注目度は非常に高く、またがりを試すのはベテラン(と思われる)ライダーはもちろん、若者や女性の姿も多かった。手軽なコミューターやセカンドバイクとして、そして何より走らせて楽しいスポーツモデルとして、多くの注目を集める原付二種が日本の道を走るのはもうすぐだ。

report&photo●片倉義明

ヤマハ125ccスポーツバイクスペシャルサイト

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/life/hajimeru125/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【56design】が本店SHOPを千葉県東金市ときがね湖畔に移転。「LAKESIDE TERRACE(レイクサイドテラス)」として4月1日にプレオープン 「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜春夏を快適に過ごすためのウエア選び〜 堅牢性と通気性の両立。鎧のごとき夏用ジャケット。REV’IT マンティス

カテゴリー記事一覧