イベント

スズキの新型250ccアドベンチャー・Vストローム250SXを実車で解説!8月19日「バイクの日」イベントに登場

最新Vストロームシリーズと共通イメージのデザイン、単気筒ならではのスリムさ

スズキは、2023年8月19日に日本自動車工業会と日本二輪車普及安全協会が開催したバイクの日のイベント、「HAVE A BIKE DAY」でアルティメットスポーツのハヤブサ、ミドルネイキッドのGSX-8Sとともに、8月8日に発表したばかりの新型アドベンチャー、Vストローム250SXを展示した。

Vストローム250SXは、ネイキッドのジクサー250やフルカウルスポーツのジクサーSF250と同じ249cc油冷単気筒OHC、SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジンを搭載する新型アドベンチャーモデル。インドでは2022年4月に「VストロームSX」の名前で発表されているものの国内仕様だ。
同クラスのVストローム250(並列2気筒エンジン、継続販売される)と比較し、最高出力は+2馬力の26馬力を発揮(最大トルクは2.2kgf・mで同値)。車両重量は164kgと、Vストローム250よりも27kgも軽量となる。

そのスタイルは、くちばしのようなフロント周りの造形が特徴のVストロームシリーズとひと目で分かるもの。SXのLED式のヘッドライトは上段・中段・下段の3段になっており、丸形のハロゲンだったVストローム250と差別化。排気量が上のVストローム1050や800に近い、シャープなデザインに仕上げられている。

248cc水冷並列2気筒エンジンを積むVストローム250

ポジションはアドベンチャーらしくアップライトなもの。防風性を高めるウインドスクリーンやナックルカバーは標準装備となる。メーターはフル液晶タイプで、速度は数字、エンジン回転数はバーグラフで表示する。シフトポジションや燃費計、時計も装備される。また、メーターの左側にはスマホなどを充電できるUSBソケットも備わる。

Vストローム250はフロント110/80-17、リヤ140/70-17サイズのオンロードタイヤだったが、SXはフロント100/90-19、リヤ140/70-17サイズのセミブロックパターンタイヤを装着。ブレーキは前後ともシングルディスク+バイブレ製キャリパーで、リヤサスペンションには7段階のプリロード調整機構が備わる。


展示車両にまたがった印象は、エンジンが単気筒となったこともありVストローム250よりもスリム&コンパクトに感じた。車両が固定されていたので足着き性は評価できないが、最低地上高がVストローム250よりも45mmも高い205mmとなることや、装着タイヤの種類とサイズ、車両重量の違いにより、不整地での安定性はSXの方が高いだろう。

一方Vストローム250は、並列2気筒エンジンによる振動の少なさやロードタイヤの安定感、SXよりも35mm低い800mmのシート高と5L多い17Lの燃料タンク容量でツーリングへの適応力が高い。頼もしい旅の相棒となってくれるはずだ。

250ccながら高いツーリング性能を持つVストローム250と、オンロードはもちろんオフロードも苦にしないVストローム250SX。価格がVストローム250よりも7万7000円安く、街乗りでも扱いやすいコンパクトなSXは、手ごろなアドベンチャーモデルとして人気を得そうだ。

スズキ Vストローム250SX主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル単気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:76.0mm×54.9mm 総排気量:249cc 最高出力:19kW<26ps>/9,300rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm>/7,300rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:34.5km/L

【寸法・重量】
全長:2,180 全幅:880 全高:1,355 ホイールベース:1,440 シート高:835(各mm) 車両重量:164kg タイヤサイズ:F100/90-19/R140/70-17 燃料タンク容量:12L

【価格】
56万9800万円

【車体色】
チャンピオンイエローNo.2、パールブレイズオレンジ、グラススパークルブラック

report&photo●片倉義明

CONTACT

スズキお客様相談室
TEL:0120-402-253
https://www1.suzuki.co.jp/motor/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ MOTO GUZZI Le Mans series 「バイクはオービスで捕まらない」は本当? スピード違反を見逃さない“速度違反自動取り締まり装置”の謎 乗り慣れた(い)愛車を持ち込めるようになった、新「ヤマハバイクレッスン」!2024年の開催予定が決まった!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション