イベント

【EVENT】夏休みの工作にピッタリの「ものづくり教室」! ヤマハ発動機とヤマハが共同開催

ヤマハ発動機とヤマハは、地域における社会貢献活動として、夏休み期間中の子ども向け「ものづくり教室」を2019年7月26日(金)に共同開催する。

バイクを筆頭にスノーモビルや四輪バギーなどを製造するヤマハ発動機と、楽器や半導体、スポーツ用品などを製造するヤマハが共同開催するこのイベントは、2014年に開始してから今年で6回目となる。

ものづくり教室では「モーター工作教室」と「♪親指ピアノ『カリンバ』を作ろう」の2つがあり、どちらも子どもが制作したものは持ち帰ることができるので夏休みの宿題がてら参加してみてはいかがだろう。

 

実施概要

●名称:ヤマハ発動機・ヤマハ共催 子ども向け「ものづくり教室」
●日時:2019年7月26日(金)午前の部9:15~11:30 午後の部13:15~15:30
●会 場:ヤマハ株式会社 本社 18号館 および イノベーションロード(浜松市中区中沢町10-1 遠州鉄道 八幡駅から徒歩2分)※お車でのご来場はご遠慮ください。

●募集内容:
①「モーター工作教室」(定員25名/回) 主催:ヤマハ発動機
モーターの仕組みや性能を学び、実験で確認したあとモーターカーを工作し、完成したモーターカーでレースを楽しむ。
②「♪親指ピアノ『カリンバ』を作ろう」(定員25名/回)主催:ヤマハ
楽器の製造工程で出てきた端材・廃材を利用して、アフリカの民族楽器「カリンバ」を作りながら音が鳴るしくみを学び、最後に合奏をする。
●参加費用:無料(教室内で製作するカリンバ/モーターカーは持ち帰られる。)
※教室体験後には、ヤマハ企業ミュージアム「イノベーションロード」をご見学いただけます。



昨年の教室の様子(上段:モーター工作教室 下段:親指ピアノ「カリンバ」を作ろう)

 

募集要項

●参加資格:小学生(参加する子ども1人につき、同伴者は2名まで)※教室内に同伴者用の観覧席を設けてあります。
●申込方法:必要事項を書面に明記し、ファックスまたは郵送で下記まで申込み。
(応募フォーマットはありません)

※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※結果は7月2日~5日にハガキにてご連絡いたします。
●申込期間:2019年6月18日(火)~6月30日(日)必着
●申込先:ものづくり教室 応募窓口(㈱ヤマハビジネスサポート 内)
①FAXの場合:053-464-5121 / ②郵送の場合:〒430—0919 静岡県浜松市中区野口町305

 

CONTACT

問い合わせ先ヤマハ発動機
住所〒438-8501 磐田市新貝2500
電話番号TEL:0538-32-3988
問い合わせ先ヤマハ
住所〒430-8650 浜松市中区中沢町10-1
電話番号TEL:053-460-2071

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1 原付ではなく、1800ccのハーレーも!!「クルマの免許で乗れるバイク」大排気量車4選 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB オーナーズミーティング〜 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin /〈DCT〉 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(3)スーパースポーツの先駆け 【カタナヒストリー】カタナはなぜ”名車”に成り得たのか。初代から新型までを振り返る
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP