トピックス

ベストセラーインカム、B+COM SB6Xの生産を終了。 後継モデル「SB6XR」を2023年春にリリース!

サイン・ハウスは2022年12月27日、優れた操作性と音質、機能とスタイリッシュなデザインで人気のインカム「B+COM SB6X」の生産を終了し、後継モデルである「SB6XR」を2023年春頃にリリースすると発表した。

2017年8月の発売以来、度重なるアップデートを実施することで進化し続けてきたB+COM SB6X

B+COMシリーズのハイエンドモデルであるSB6Xは、新型コロナウイルス感染症の拡大により生産国内での部品調達の遅れや輸送遅延といった影響を受けており、大幅な生産の遅れが続いている状況にあったという。事実、バイク用品店などでは欠品であることが多く、入荷状況がSNSなどで配信する店舗もあった。

同社は、今後の部品供給状況の見通しを考慮した結果、安定した生産を継続するためには調達部品および生産体制の大幅見直しが迫られるとしてSB6Xの生産終了を決定。安定供給を目指したリニューアルモデル、SB6XRに切り替えることとなった。これに伴い、同日よりSB6XRのティザーサイトが公開されている。

なお、SB6Xの修理や補修部品販売などのカスタマーサポートは引き続き行っていく。

現在はシリーズ唯一にしてSB6Xのアイコンでもあったアンテナは、SX6XRも継承される模様(写真はSB6X)

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

サイン・ハウス
TEL:044-400-1979
https://sygnhouse.jp/products/bcom/bcom-sb6xr/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODELS】 HONDA LEAD125SPECIAL 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第20話:どこに入るの!? バーグマン200君【隔週連載】 サーキットデビューに最適! クシタニの走行会「クシタニ ライディング ミーティング」に参加したらめちゃ楽しかった!!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション