トピックス

超人気のCT125・ハンターカブが新エンジンを搭載! 新色マットアーマードシルバーメタリック追加&純正オプションにも注目

ホンダは、大人気の原付二種モデル、CT125・ハンターカブの2023年型を発表しました。注目は新エンジン搭載と新カラーバリエーションの追加。価格は据え置きの44万円。発売日は2022年12月15日(木)となっています。

CT125・ハンターカブ(マットアーマードシルバーメタリック)

新エンジンは8.8馬力から9.1馬力に出力向上

CT125・ハンターカブは、2020年3月に発表、6月に発売されました。アウトドアテイスト全開の原付二種モデルで、ブーツ付きのフロントサスペンションは110mmのストロークを確保し、ちょっとした悪路も走行可能となっています。アップマフラーやエンジンガードなども装備。その無骨でもどこか可愛らしいスタイリングに、優れた走破性&積載性が加わり、空前の大ヒット作となっています。2021年10月にはパールオーガニックグリーンが追加されました。

2022年10月7日に発表された2023年モデルは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に対応した新エンジンが採用されています。
最高出力は従来の6.5kW[8.8PS]/7,000rpmから6.7kW[9.1ps]/6,250rpmにアップ!
最大トルクは11Nm[1.1kgfm]と同一ですが、発生回転数は4,500rpmから4,750rpmになっています。

車体面では、リヤサスペンションに5段階のスプリング初期荷重が調整可能なプリロードアジャスターが追加されました。

どんな走りになっているのか、早く試乗してみたいですね!

新色「マットアーマードシルバーメタリック」を採用

もうひとつの注目がカラーバリエーションです。
今回の改良で、新色の「マットアーマードシルバーメタリック」を新設定。ホンダの広報資料によると、「タフなアウトドアアイテムをイメージしたカラー」とのことです。従来から設定されていた「グローイングレッド」、「パールオーガニックグリーン」は継続となっています。

CT125・ハンターカブ(マットアーマードシルバーメタリック)
CT125・ハンターカブ(グローイングレッド)
CT125・ハンターカブ(パールオーガニックグリーン)

新オプションでさらにワイルドに

また、新型発表に合わせて、CT125・ハンターカブのアウトドアイメージをさらに強化する新たな純正オプションパーツも追加。自分らしくカスタマイズする楽しさもアップしています。

純正アクセサリー ウインドシールド(1万8260円)
純正アクセサリー・サイドボックス(8L)(1万2100円)
純正アクセサリー・フロントキャリア(1万2210円)
純正アクセサリー・センターキャリア(1万1660円)

2023年モデルで進化したCT125・ハンターカブ。改良と同時に値上げかと思っていたら、なんと従来型から据え置きの44万円! ホンダの企業努力には頭が下がります!!

CT125・ハンターカブ(パールオーガニックグリーン)
CONTACT

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

第22話 いざ免許交付へ 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話 「麻績」「巨椋」「南風原北」読める? 全国の“難読”インターチェンジ名5選 革に北斎・神奈川沖浪裏を「彫る」 革ジャン工房の挑戦

カテゴリー記事一覧