トピックス

クシタニがオフロードウエアに再参入! テストコースに使う「ONTAKE EXPLORER PARK(オンタケ エクスプローラー パーク)」も2023年春にオープン

オフロードウエアのテストコース

御岳スキー場(長野県木曽郡王滝村)を運営する株式会社シシはクシタニと協力して、「ONTAKE EXPLORER PARK(オンタケ エクスプローラー パーク)」と名付けられたオフロードコースを2023年春にオープンすることを発表しました。加えて、クシタニは約25年ぶりにオフロードウエアへの再参入も明らかにしています。

クシタニがオフロードウエア再参入にあたり、テストコースとしているONTAKE EXPLORER PARK。

現在、ONTAKE EXPLORER PARKはクシタニのオフロードウエアの開発コースとして使われていて、同社の研究・開発のラボが設置されているそうです。まだオフロードウエアのラインアップや詳細、発売時期は明かされていませんが、クシタニのウェブサイトにはコースの試走動画がアップされていて、動画に映るライダーが着用するジャージ、モトクロスパンツは富士山をデザインしたおなじみのロゴが入る、クシタニの試作ウエアであることが確認できます。

HOLE SHOTが復活??

レザースーツ製品で世界的に知られ、先日の日本グランプリ、Moto2クラスで優勝した小椋 藍選手も着用するクシタニですが、90年代なかばあたりまでオフロードウエアも販売していました。

80年代のモーターサイクリスト誌の広告から抜粋。ホールショットはレースでスタート直後の第1コーナーにトップで入ること。

当時のブランド名は「HOLE SHOT(ホールショット)」といい、ジャージやモトクロスパンツ、オフロードブーツ、ジャケットなど、幅広く展開していたので、製品を覚えている方もいらっしゃることでしょう。このブランドが途絶えてから約25年、同じブランド名かは不明ですが、クシタニが新しくリリースするオフロードウエアにも期待が高まります。

80年代のモーターサイクリスト誌の広告から抜粋。

そしてオフロードコースの名称に含まれているエクスプローラーという言葉は英語で探検家、探究者を意味しますが、エクスプローラージーンズやジャケットなど、ツーリングメインでアウトドアなイメージのブランドとして、80年代から続くクシタニ製品のシリーズ名でもあります。
ONTAKE EXPLORER PARKは2022年はテストコースとして使用され、貸し切りのみ対応、2023年春には一般ライダーも楽しめるオフロードパークとしてオープンするとのこと。コースは初級、初級〜中級、中級、上級の4つが整備され、スキー場のゲレンデを活用したダイナミックなコースが用意されます。さらに同地には新しいメニューで展開をするというクシタニカフェのオープンも2023年春に予定されています。

一足先にONTAKE EXPLORER PARKを走れるチャンス

なお、2022年10月29日に御岳スキー場でクシタニコーヒーブレイクミーティングの開催が決定しています。このミーティングの参加者で、自走の方に限り、当日各コースの試走ができるそうです。開催時間は7:00〜12:00を予定。詳細はクシタニコーヒーブレイクミーティングのフェイスブックをチェックしてみてください。

ONTAKE EXPLORER PARK 試走動画

初級者コース

中級コース

初中級者コース

上級コース


ONTAKE EXPLORER PARK
Instagram
facebook
twitter

クシタニ
KUSHITANI ONTAKE EXPLORER PARK
twitter
KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING

まとめ●飯田康博 写真●株式会社シシ/クシタニ/八重洲出版

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ツーリングモデルにスポーツテイストをミックス!! アルパインスターズの新製品「ハロレザーグローブ」のここがスゴイ 今日のバイカー1ショット「春のカラーコーデ編」 ナイトスター スポーツスター ハーレーダビッドソン 新世代ハーレーの水冷スポーツスター・ナイトスターは「空冷か水冷か、冷却方式の違いだけで語るべきなのか?」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP