トピックス

下田 丈が7年ぶりに日本で走る!9月10〜11日の全日本モトクロス近畿大会にカワサキがブースを出展

2022年9月10日(土)、11日(日)に、奈良・名阪スポーツランドで開催されるD.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2022 第4戦 近畿大会にKawasakiがブースを出展することを発表しました。
この大会にはモンスター・エナジー・プロ・サーキット・カワサキに所属する下田 丈選手が、Team Kawasaki R&DからIA1(450cc)クラスに参戦することが発表されています。

下田選手は三重県鈴鹿市出身の20歳。2014年から拠点をアメリカに移し、2019年にAMAスーパークロスとAMAモトクロスにデビュー。2020年にはAMAスーパークロス250SXイーストでランキング3位を獲得し、この年のルーキー・オブ・ザ・イヤーも贈られています。
2021年はスーパークロス第16戦ソルトレイクシティ(ユタ州)で日本人ライダーとして初の優勝を遂げ、2022年はアウトドアで行なわれるAMAモトクロス第5戦レッドバッド(ミシガン州ブキャナン)でも日本人初優勝を果たし、年間ランキング2位を獲得。次々とモトクロスの歴史を塗り替えている注目のライダーが下田 丈選手です。

カワサキブースでは2023年モデルのKX250、KX112、KLX230R Sを展示するほか、下田選手とTeam Kawasaki R&Dのレギュラーライダーである能塚智寛選手のサイン会を開催。このサイン会は決勝日(9月11日)朝8時からカワサキブースで整理券が配布され、整理券がない方はサイン会に参加できないので注意。

さらに決勝レース終了後には、下田選手愛用のライディングギアをプレゼントする企画も予定されています。
なお、このプレゼント企画は現地で「#カワサキオフロードエントリーショップ」をつけて、SNSでシェアすることでフラッグがもらえる「Kawasaki応援フラッグプレゼントキャンペーン」に参加した人が抽選の対象になるとのこと。
なかなか日本でその走りを見ることができない下田選手の参戦に加え、イベント盛りだくさんの全日本モトクロス 近畿大会。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


イベント情報
https://www.kawasaki-motors.com/event/EventInfo?seq=4209&contents=1&year_select=2022&month_select=09

D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2022 第4戦 近畿大会情報
https://mspro.jp/ticket

下田 丈選手のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=FdcWV7a6wOo

下田 丈選手のTwitterアカウント
https://twitter.com/joshimoda

まとめ●飯田康博 写真●カワサキ

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

【おとなの信州探訪】街を起点に自然と文化を楽しむ「松本」:前編 SR400 世界的にも貴重なロングセラー車 ヤマハSR400が「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」入り 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第25話:安くない男!? ボルティ君【隔週連載】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP