トピックス

YSP湘南が2022年6月オープン「神奈川県最西部のYSPは、アメリカンなログハウス風ムードも魅力」

湘南、茅ヶ崎に「YSP湘南」が開店

ヤマハはバイク人口の増加に伴い、多様化するオーナーの期待に応えるべく、ヤマハスポーツバイクの専門店である「YSP」のリニューアルを推進。YSPでは、お客様の「見たい、試したい、優れた技術で修理して欲しい」に応えるとともにヤマハブランドの体験と高品位なトータルサービスを提供に努めている。

そんなYSPの新たな店舗、YSP湘南が2022年6月にオープンした。神奈川県最西部のYSP店となり、圏央道の茅ヶ崎西インターから西に約1km、国道一号線沿いのアクセスの良好な場所に店はある。

YSP湘南:神奈川県茅ヶ崎市中島242-1

ウッドを多用した店舗「ツーリングスポット的にも立ち寄って欲しい」

店舗は2階建てとなり、アメリカ西海岸のサーフショップや雑貨屋をイメージした店構えで、店舗前をウッドデッキとして、ショップ推奨のバイクが並べられているほか、来店者が休めるベンチやテーブルなども用意。随所にウッドが使われていて、温かみを感じさせる店舗となっている。
店内に入ると吹き抜けの天井に開放感を感じ、明るく広い店内には原付から大型バイクまで幅広いラインアップで展示。ログハウス風の雰囲気の中、和やかにバイク選びやバイクの相談をすることができそうだ。

また店舗奥の階段を上るとさらに雰囲気の良い空間が現れる。2階の窓側には来店客がゆっくりと寛げる休憩スペース(ベンチやハンギングチェア)が設けられ、また奥にはウェアやヘルメットにグローブ、そしてバイクカバー&ロック、またグループが推奨するエアバッグウェア等の幅広いライダースアイテムがレイアウトされる。
車両購入はもちろん、ライダースギアも一式揃えることも可能となっている。ライダースウェア&ギア等はシーズンごとに入れ替わり、ヤマハブランドでご要望のものがあれば取り寄せも可能、今後は更なるアイテムラインアップの充実も図っていくという。

内外装にウッドを多く使用し、店舗はログハウス風のイメージ。明るく、温かみを感じせる空間の中、未来のバイクライフの話も弾みそうだ。
店舗内には原付から大型モデルまで幅広く展示、どのモデルにも自由に触れ、跨ることも可能。なお、試乗に関しては6月下旬時点では調整中とのこと。

店舗に関して営業の藤嵜紘大(ふじさき こうた)さんは「ヤマハのバイクが好きであったり、興味がある人はもちろん、ツーリングのついでに寄ってもらったり、ライダースカフェのような感じで足を運んでいただき、ゆっくりとしてもらえるような場所になるといいですね。基本的にバイクを通じてお客様と素敵なバイクライフを繋げるような感じにしていきたいと考えています」

YSPは、YZF-R1やテネレ700、XSR900等のエクスクルーシブモデル(専売モデル)を取り扱い、それ以外にモデルに関しても豊富な入荷と在庫もポイント。
また新車3年保証や業界最長クラスとなる延長保証、無制限ロードサービス、スペシャル盗難保証、スペシャルローンといったYSP特別メニューも用意されていて、バイク購入から購入後の楽しみまで、バイクライフをトータルでバックアップしてくれる頼れるショップとなっている。

店舗奥の見やすい場所には、作業工賃や点検工賃等が一目で分かる工賃表パネルも設置。こういった気遣いもライダーには嬉しいところ。
2階奥のスペースには、ライダースウェアをはじめ、バイクカバーやケミカルなどのアイテムが見やすくレイアウト。今後、ラインナップは更に増える予定。
ライダースアイテムもヤマハで揃えたい「ヤマハ好き」にとっては嬉しいラインナップ。欲しいアイテムがあれば、もちろん取り寄せの相談も可能。

「グループ会社所有の温泉施設なども箱根にあるので、今後はツーリングイベントなども企画して、オーナーさんたちと交流を深めていけたらいいなとも考えています」と営業の藤嵜紘大(ふじさき こうた)さん。

レポート●安室淳一 写真●八重洲出版


YSP湘南
神奈川県茅ヶ崎市中島242-1
TEL:0467-50-0400
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

おすすめ記事

【NEW MODEL】MV AGUSTA BRUTALE800 【’80sカワサキZの魅力】そしてライムグリーンは伝説となった(後編) 鹿児島市のハーレーダビッドソンアクティブがリニューアルオープン
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP