トピックス

4月8日は【タイヤの日】 スリップサインに気をつけて!&もっと知りたい「世界初・日本初」のタイヤトリビア

タイヤの空気圧とスリップサインは常々気にかけておきましょう!

毎年4月8日はタイヤの日です。この日は社団法人・日本自動車タイヤ協会が2000年に制定したもので、4月は春の交通安全運動(令和4年は4月6日〜15日)が行なわれる月であり、8は「輪」をイメージさせることがその理由となっているそうです。
2020年度のJAFの出動理由統計(バイク)によると、バッテリー上がりに次いで多いのがタイヤのトラブル。その数は9327件にものぼっていて、JAFでも月1回のタイヤエア圧の点検を推奨しています。

バイクの場合、スイングアームやチェーンカバーなどにその車両の指定空気圧を示したステッカーが貼ってあります。その数値を基準にエアポンプとエアゲージを使って指定値に調整するのですが、気をつけなければいけないのが、ここに書かれた数値は冷間時、つまりタイヤが冷えているときのものだということです。

近所を走ってガソリンスタンドで給油のついでにエアも補充……といった程度であれば問題ありませんが、長い時間高速道路を走ってSAでエアを補充というようなときはこの数値は参考になりません。
走行前に点検できるよう、できれば自宅にエアポンプやエアゲージは揃えておきたいですね。

スイングアームに貼られた指定空気圧のステッカー。スクーターの場合、ハンドル周りなどに貼られていることも。

そしてタイヤのスリップサインも忘れずに確認しておきたいことです。
タイヤ側面には5〜8ヵ所程度、三角形の印がついていて、その延長線上のトレッド面に溝が浅くなった部分があります。これがスリップサインで、この浅くなった部分がトレッド面に露出し、平らなところとつながってしまったら残りの溝の深さは0.8mm(道路運送車両法に定められた最低溝深さ)しかありません。

つまり、このサインがタイヤの表面に出てくる前にタイヤを交換しないと違反になってしまうのです。実は昔、筆者はスリップサインが出たままのタイヤでバイクに乗っていて、青切符を切られた経験があります。信号待ちで白バイに後ろにつかれて、青信号のあと交差点を過ぎたところで止められました。
切符には「整備不良・スベリ止めなし」と書かれ、バイクにシールまで貼られました。
以来、スリップサインの露出をとても注意を払うようになりました。

スリップサインの位置を示す三角マーク。
スリップサイン=ここトレッド面と繋がってしまうまで摩耗していたらNG……というか危険な状態です。
エアゲージは1000円位からでも買えるので、一家にひとつは持っておきたいところ。

もっと知りたいタイヤトリビア「日本初のミシュランは?二輪車初のラジアルは?」

羽田空港と浜松町を結ぶ、1964年に開業した東京モノレールはコンクリート製の軌道を空気入りゴムタイヤで挟み込んで進む方式を採用していますが、ミシュランタイヤの日本初進出はこの路線に採用されたことからです。同じようにゴムタイヤで走るパリの地下鉄など、すでに鉄道での実績があったため採用がすんなり決まったという話があります。
なお、ミシュランが日本で乗用車用タイヤを日本で売り出したのは1965年からでした。

レールをゴムタイヤで挟み込む方式の東京モノレール。東京オリンピックにあわせ、1964年に開業しました。

そしてミシュランといえば、世界で初めてラジアルタイヤの実用化に成功したメーカーです。その歴史は古く、1951年にランチア アウレリアに純正装着され、その後はトラック用、建設重機用などラジアルタイヤはその活躍の場を広げていきます。

ちなみに市販二輪車でラジアルタイヤを純正で初採用したのは1983年のヤマハ XJ750D-IIです(こちらはダンロップ製ラジアル)。

レースの世界ではこれより先にトライアルマシンでラジアルタイヤは使われていて、エディ・ルジャーン選手が乗ったホンダ RS360Tはミシュランラジアルを履き、1982年〜1984年のトライアル世界選手権において、3年連続の個人タイトルとマニュファクチャラータイトルを獲得しています。

1983年に登場したヤマハ XJ750D-II。ラジアルタイヤ以外にも、フューエルインジェクション、液晶メーター、オーディオシステムなど先進的な装備を多く取り入れているのが特徴のスポーツツアラーでした。
ヤマハ XJ750D-IIのカタログより。「モーターサイクル初、ラジアルタイヤ装着」とアピール、タイヤサイズはフロント100/90-R19、リヤ120/90-R18でした。
1982年トライアル世界選手権でのホンダ RS360T&エディ・ルジャーン選手。

レポート●飯田康博 写真●八重洲出版

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「CBR400R」変更!トラコンで走りやすく、スマホ連携で便利に、ウイングレットでかっこよくなった! 「かまめし弁当の釜」はキャンプでの炊飯に使える!! ツーリングやドライブ中、食べ終わっても捨てちゃダメ♥ SHOEI Xフォーティーンに「重航空機」をイメージした新グラフィックモデルが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション