トピックス

宇宙生物のサイボーグ!? ヤマハ MT-09に超未来感ある外装キットが登場するかも。しかも「純正アクセサリー」として

MT-09 CYBER RALLY ヤマハ ワイズギア

ヤマハ MT-09用外装キット「CYBER RALLY」

2014年の初代登場以来、900cc3気筒エンジンを搭載し、スポーティな走りで多くのライダーから支持されているヤマハのMT-09。
2021年に発売された3代目では、エンジン・フレームの改良が行われたほか、まるでSF作品に登場する宇宙生物のようなデザインに変貌!

2021年から登場した現行型ヤマハ MT-09。エンジンは120馬力を発揮する888ccの水冷3気筒で、価格は110万円。

そんな現行型MT-09を、宇宙生物からサイボークのようなデザインに激変させるカスタムパーツが大阪モータサイクルショーで公開されました。しかも、「ヤマハ純正アクセサリー」を手掛けるワイズギアから。

怪しげなブルーの光とともに展示されていたMT-09に装着されているのは、「CYBER RALLY」(サイバーラリー)と名付けられた外装セット。MT-09の特徴的なデザインを生かしつつ、有機的にうねったハンドルガードやヘッドライトバイザーなどで文字通りサイバーな雰囲気に。現状、参考出品という扱いですが、反響次第で市販化もあり得るかもしれません。

大阪モータサイクルショーで公開されたヤマハ MT-09用「CYBER RALLY」外装セット。ハンドルガード、メーターバイザー、サイドシュラウド、タンクカバーがセット内容。

「CYBER RALLY」外装キット以外には、既に市販化されているアクラポビッチのフルエキゾーストシステム(23万6500円)、パフォーマンスダンパー(3万9600円)、コンフォートシート(3万3000円)、フェンダーレスキット(3万1900円)なども装着されていました。

MT-09専用ウエア(?)も同時に展示

また車両の脇には、「CYBER RALLY MT-09専用パイロットスーツ」のようなライディングウエアの展示も。首もとのフラップにはクシタニのロゴがありますが、肩にMTシリーズのロゴのある独特なデザイン……ワイズギアの製品ラインアップでは見かけないものですが、これも試作品でしょうか!?

3月下旬の東京モーターサイクルショー、4月上旬の名古屋モーターサイクルショーでも同様の展示が行われる予定ですので、「CYBER RALLY」外装セットが欲しい!というライダーは、ワイズギアブースの担当の方にぜひその思いを伝えてみてください。そうした声が集まれば、市販化が現実となるかもしれれません。

蝙蝠の羽のようなカーボン調樹脂のハンドルガード。
スリットの入ったカーボン調樹脂のサイドシュラウド。
車体を制振して乗り心地を向上させる「パフォーマンスダンパー」は既に販売されているもの(3万9600円)。
アクラポビッチ製のフルエキゾーストマフラーも既に販売されているもの(23万6500円)。

まとめ●上野茂岐 写真●モーサイ編集部

追記3月22日訂正:CYBER RALLY外装パーツのハンドルガードやサイドシュラウドはカーボン製ではなく、カーボン調樹脂でした。記事内容を訂正いたしました。

CONTACT

ワイズギア

 

https://www.ysgear.co.jp/

 

TEL:0570-050814

おすすめ記事

【モーサイチャンネル】走った! 触れた! スーパーカブC125はこんなバイクだ! 誕生から50年経過しても変わらない! CB750Fourならではの魅力に迫る 信号がないから安全? ツーリング先などで見かける丸い交差点「ラウンドアバウト」の正しい走り方
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP