トピックス

【NEW MODEL】新型THRUXTON TFC(スラクストンTFC)、ロケットTFCコンセプト(ROCKET TFC)が発表!

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2019年1月23日に新型スラクストンTFCと、次世代のコンセプトモデルであるロケットTFCを発表した。

トライアンフ・ファクトリー・カスタムシリーズ(TFC)は、2014年発売のトライアンフTFCボバーとTFCスクランブラーから始まった限定仕様車のこと。美しく精巧なカスタムデザインと強化された動力性能など、トライアンフの情熱と技術が余すところなく注ぎ込まれているモデルである。

 

 

プレミアムな限定仕様車・スラクストンTFC

 

新型THRUXTON TFC

 

今回発表されたスラクストンTFCは全世界で750台の限定生産車で、各車両にシリアルナンバープレートが取り付けられる特別仕様車。
各部にチューニングが施されて従来モデルのスラクストンRより最高出力が10馬力向上したエンジンや、オーリンズ製フルアジャスタブルサスペンション、ブレンボ製ラジアルマスターシリンダー、バンス&ハインズ製チタンサイレンサー、カーボンファイバー製の外装など、トライアンフの技術と世界最高水準の部品が随所に投入されている。

 

ゴールドのディテールが目を引くディスプレイ。トップブリッジ上にはシリアルナンバー入りプレートを備えている。いずれもスラクストンTFCだけの限定装備。

 

ワンピース構造のコックピットフェアリングをはじめ、フロントマッドガードやシートカウル、サイレンサーエンドキャップなどの外装類は軽量なカーボンファイバー製。各部品の見直しにより、スラクストンRより約5kgの軽量化を達成している。

 

そのほかにもアルミビレットトップブリッジや、ステッチを施した本革シートなど、TFCだけの特別仕様となっている個所は多い。

 

エンジン各部に軽量化が施されたほか、高圧縮ピストンの採用や改良されたポート、カムプロフィールの変更などで107馬力まで出力が向上。
エキゾーストシステムもバンス&ハインズ製チタンサイレンサーやカーボン製エンドキャップが装着される。

 

主要諸元

 

車両名:THRUXTON TFC
エンジン:水冷SOHC並列2気筒 8バルブ270度クランク
排気量:1200cc
ボア/ストローク:97.6mm×80.0 mm
最高出力:107ps/8000rpm 最大トルク:115Nm/4850rpm
燃料供給:マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エキゾーストシステム:2-INTO-2 エキゾーストシステム
駆動方式:チェーン
クラッチ:湿式多板アシストクラッチ
トランスミッション:6速
フレーム:チューブラースチール、アルミニウム製クレードル
インストルメントディスプレイ:LCD多機能インストルメントパック(アナログスピードメーター、アナログタコメーター、TFC専用ダイヤルフェイス)
スイングアーム:クリアアルマイトアルミニウム製両持ち式
フロントホイール:32本スポーク 17 x 3.5インチ、ブラックアルマイトリム
リアホイール:32本スポーク 17 x 5インチ、ブラックアルマイトリム
フロントタイヤ:メッツラー製RaceTec RR 、120/70 ZR17
リヤタイヤ:メッツラー製RaceTec RR、160/60 ZR17
フロントサスペンション:オーリンズ製43mm径倒立フォーク
リヤサスペンション:オーリンズ製フルアジャスタブルツインショック
フロントブレーキ:ブレンボ製310mm径フローティングダブルディスク、ブレンボ製4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、ABS
リヤブレーキ:220mm径シングルディスク、ニッシン製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
シート高:810mm
キャスター角:22.8度
トレール幅:92mm
乾燥重量:未発表
燃料タンク容量:14L

 

 

ロケットTFCコンセプトモデルは2019年5月1日に詳細発表!

 

2004年に発売されたロケットⅢは、見るものを引きつけるマッシブなスタイリングとエンジン特性で話題となった車両。その新型をベースとしたTFCシリーズ第2弾のコンセプトモデルがお披露目された。
詳細の発表は2019年5月1日となっている。
現在公開されている画像からは、片持ち式のスイングアームやさらにマッシブとなったエクステエリア、LED化された各種灯火類などが確認できる。
どのような仕様となるのか、正式発表が待ち遠しい車両だ。

 

 

CONTACT

問い合わせ先 トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
電話番号 03-6809-5233
URL www.triumphmotorcycles.jp/bikes/tfc
  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

炎をバッグに着けた! 【ENDURISTAN】「トルネード2ドラムバッグ・ブリザードサドルバッグ FIREエディション」を【JAPEX】が発売! 【11月30日まで】売っても買ってもバイク王 GO! GO!5万円太っ腹キャンペーン実施中 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W800」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション