トピックス

河口湖自動車博物館が創業40周年迎え、8月1日より期間限定で開館!

山梨県鳴沢村にある河口湖自動車博物館・飛行舘が8月1日(日)~31日(火)の1ヵ月間限定で開館します。
1981年創立の同施設は、2021年で40周年を迎えます。2021年度の特別展示としては、1946年に生産が開始されたフランス車「パナール ディナX」が公開されます。

「パナール ディナX」はアルミ製ボディを採用した当時の高性能車で、最高速度120km/hのコンパクトサルーン。また、豪華なインテリアも特徴のひとつでした。

同時期に販売されていたフランスの自動車メーカー・シトロエンの前輪駆動式乗用車をベースとした「シトロエン 2CV サハラ」(ツインエンジンの4輪駆動車)と共に展示され、当時の珍しいフランス車を一度に見られる貴重な機会です。

また、20周年を迎える飛行舘では「ハヤブサ2型」の修復させ、ハヤブサ1型のほか、零戦21型・52型など、旧日本軍の主力戦闘機の数々が展示されます。

なお、館内での三脚の使用は不可ですが、携帯電話、スマートフォンに限り撮影可能で、インターネット、SNSなどへの投稿も問題ありません。

「8月中にしか訪れることができない」というのも同博物館ならではの特徴でもあるので、ぜひとも夏休みのツーリングや家族旅行で訪れてみてはいかがでしょうか。

※新型コロナウイルス感染症対策により、開館期間の変更や入場制限を行う場合があるため、訪問の際にはホームページを確認してください。そして、来館時はマスクを着用し、感染対策を万全にして楽しんでくださいね。

河口湖自動車博物館・飛行館の概要は以下の通りです。

■開催日:2021年8月1日(日)〜31日(火)の1ヵ月間(休館日なし)
■開館時間:10時〜16時
■入館料
・自動車館 大人1000円、子供(15歳以下)500円、5歳以下は無料
・飛行舘 大人1500円、子供(15歳以下)500円、5歳以下は無料
■住所:山梨県南都留郡鳴沢村富士桜高原内
■TEL:0555-86-3511
■ホームページ:https://www.car-airmuseum.com
■アクセス
・中央自動車道・河口湖IC、東富士五湖道路・富士吉田ICよりクルマで10分
・富士急行または高速バス 河口湖駅よりタクシー

まとめ●モーサイ編集部・小泉元暉 写真●河口自動車博物館

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

カメラマン柴田のGB350日記#6「納車だよー!ついに自分のGB350がやって来た」 NSR500やRC164など、世界を戦った伝説のマシンが実際に走る! ホンダ・コレクションホール「走行確認テスト」 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第24話:大きな体の半分は優しさ!? マジェスティ250君【隔週連載】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP