トピックス

【厳選!ツーリングサポートアイテム】快適な通話が自慢のB+COMシリーズ。この美しい限定カラーが手に入るのは今だけだ!

スタイリッシュで音質に優れる人気インカム、B+COMシリーズ。旗艦モデルのSB6X、スタンダードのONEともに6人同時通話が可能で、簡単な操作でグループ通話を始められる「B+LINK」機能も搭載するなど、ライダー同士のコミュニケーションを強力にサポートする。

そのB+COMに、まるで宝石のようなルビーレッドモデルが登場。SB6Xはフェイスプレートの限定色だが、ONEはインカム本体も同色となる特別仕様だ。なお、ONEは標準モデルと異なり、アームマイクとワイヤーマイクの両方を同梱。価格は3080円アップにとどまるため、フルフェイスとオープンフェイスヘルメットを使い分ける人にとっては買い得感も高い。SB6Xのフェイスプレートは1000個、ONEの特別仕様は3000キット限定なので、気になる人は販売店へ急げ!

聴きトークを搭載したハイエンドモデル
SYGN HOUSE B+COM SB6X

B+COM SB6X
■価格:シングル3万8280円/ペア7万4250円
フェイスプレート ルビーレッド2200円(1000個店頭販売限定)
■発売:3月15日

SB6Xのだけの特徴が、2個のブルートゥースチップを活用しインカム通話中でも音楽やナビ音声を聞くことができる"聴きトーク"機能。バッテリー容量も大きいため、インカム通話は最長16時間、音楽再生も最長18時間と、ONEよりもともに4時間長い。なお、シングルユニットに加えて、買い得なペアユニットが用意されるのはSB6Xだけだ。

通話距離や通話品質の安定性を高め、さらにインカムらしさを引き立てるエクスターナルアンテナはSB6X専用装備となる
高音質もシリーズの伝統。両モデルとも、大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットの高音質スピーカーを採用する

スタンダード機ながら多くの機能を継承した
SYGN HOUSE B+COM ONE

SB6Xの高性能・高音質を継承したシリーズのスタンダードモデルで、2020年秋にはスマホアプリ「B+COM U」にも対応。ソロツーリングで音楽を聴いたり、携帯電話のヘッドセットとしても導入しやすいシングルユニットのみの設定だ。標準仕様はアームマイクユニットとワイヤーマイクユニットの2タイプを用意する(各2万9700円)。

B+COM ONE ルビーレッドモデル アームマイク+ワイヤーマイクユニット
■価格:3万2780円
■限定数:3000キット
■発売:3月15日
※限定モデルはアームタイプとワイヤータイプの2種類のマイクが付属する
B+COMの特徴が本体後部のデバイスボタン。これだけで携帯電話の発着信、音量調節、音楽再生時のスキップ・頭出しなどが可能だ
充電端子兼スピーカー端子に、スマートフォンでも普及が進むUSB-Cコネクタを採用。充電時は端子の向きを気にしなくていいのは便利
問い合わせ先

サイン・ハウス
TEL:03-5483-1711
https://sygnhouse.jp

おすすめ記事

【ワインディングニッポン】知床横断道路(北海道) スティードやドラッグスターなどの「アメリカン」が大ブーム! 90年代に人気を集めた400ccアメリカンバイク5選 ヤマハワークスマシン「0W」YZR500誕生からスクエア4・V4登場まで、進化の過程を追う
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン スポーツスターS
PAGE TOP