お役立ちノウハウ

【新刊情報】MCクラシック07号9月29日発売!!

「再生職人」プロのお仕事お見せします!!

 

コツコツちまちま。あれこれ頭を悩ませながら自分の手で作業を進めていくのがレストアの妙味だと思う。が、やはり個人では解決できないことも往々にしてあるわけで……。

そんなときにわれらを助けてくれるプロフェッショナル達の仕事ぶりを「再生職人」と題して巻頭で大特集! 内燃機加工から塗装、再メッキ、メーターにコイルの巻き直しetc… 内容は様々だが、プロの華麗な仕事ぶりを紙面を通じて感じ取って頂くとともに「これに悩んでいたけどここに頼めば解決できるかも!」と思って頂ければ幸いである(あ、ちなみに、次号はこれの後編をお送りします)。

●内燃機、塗装他、6つのプロショップを紹介。どこの職人さんも作業の手付きは鮮やかのひとこと。

●紙面で紹介している「外装リペイント編」の養生をはがしているひとコマ。塗装していて一番楽しい瞬間。

 

 

 

 

 

 

人気コンテンツの追跡クラシックでは「ナナハン」の愛称でおなじみのCB750Four。その高性能ぶりから当時の二輪市場を席巻し、今も昔も老いも若きも、多くのファンを持つ伝説の1台をテーマに、同車の魅力や維持の勘所、さらには今後購入する際のポイントまでをご紹介。憧れの“ナナハン”の購入を検討中のそこのあなたは必見デス!

 

 

 

 

 

また、集中連載の「モリワキ、かく戦えり」とスーパーカブ60周年企画のひとつとして進められていた「カモメ行灯カブ再生」も今号で終幕。モリワキが’80年代まで頑なに「リヤツインショック」にこだわり抜いたその理由を、MORIWAKI ZERO-ZX7(カワサキがベースみたいだが、CBRがベース)とともに振り返る。

プレゼントのカモメ行灯カブは「最後の追い込み」ということで、エンジンまわりの美化や最終組み立てを行い完成へとこぎ着けている。応募要項の詳細は紙面を確かめてほしいが、雑誌3冊分の投資で最近値段が上がりつつあるカブが手に入る! となれば応募しない手はない!!(かも) 

 

なお、今号も前号に引き続き、特別付録としてA5クリアファイルが付いてきます! 今回は角川スニーカー文庫から刊行中の「スーパーカブ」から、主人公の小熊と友人の礼子が描かれています。

●今回もA5サイズのクリアファイル付き。今回はライトノベルの「スーパーカブ」とコラボして車両とヒロインたちの映る2巻の表紙をチョイス。

 

その分今回もちょこっと値段は上がって1450円(税込)となっていますが、よろしくお買い求めください! タイトルでも書いたとおり、9月29日(土)発売です!!

【バックナンバーの情報はコチラから】

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

タイ人はスーパーカブをなぜか「スーパーカップ」と呼ぶ! その理由とは? 新型カタナにも試乗出来る!? スズキファンRIDEフェスタ2019 401cc以上のカワサキ車を対象とするスペシャルクレジットキャンペーンを実施

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション