トピックス

ホンダが新型軽バン「N-VAN」発売

バイク遊びの幅を広げる!?

ホンダからバイクファンも注目の、新型軽貨物車、「N-VAN」(Nバン)が登場した。人気軽自動車「Nボックス」とプラットフォームを共用したモデルだが、助手席とリヤシートを前倒しにすれば、125ccクラスのバイクであれば楽に積載できる広大なスペースを作り出せるのだ!

見よ! 新型モンキーだって余裕で積み込める広大なスペースを!
信じられます? これで軽自動車なんです。

 

搭載されるエンジンは658㏄3気筒で、53馬力を発揮するNAモデル(自然吸気)と、64馬力を発生するターボモデルの2種を設定。トランスミッションはグレードにより無段変速のCVTと6速MTが用意され、4WDも選べる。

さらに、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、車線維持支援システム、前を走るクルマに追従するアダプティブ・クルーズ・コントロールなどの先進安全機能「ホンダセンシング」も全車標準装備(6速MT仕様は一部のみ)。

バイク遊びの幅を広げるセカンドカーとして……いや、この高い安全性と優れた積載はファーストカーとして選んでも満足できるはず!

 

モンキー125を積載するときの様子。室内高は1365㎜なので多少かがむ必要があるが、荷室のフロア高(地面からの高さ)は525㎜とライバルとなる軽1ボックス貨物と比べても100㎜以上低く、ラダーレールを使っての積載はスムーズに行えた。

 

タイダウンなどを引っかけるフックポイントは全部で8か所あるので、バイクもしっかりと固定できる。

 

ほかにも荷室左右壁面とテールゲートに普段はキャップで隠されたM6サイズのネジ穴が28か所もあり棚やパイプを取り付け可能なので、サーキット用トランポとして使う場合はレーシングスーツをつるすことなどもできるだろう。

 

助手席側はピラーレスなので、積載時の荷室へのアクセスが容易。フロントのドアも90度近く開くのも荷物積み込み時に重宝する。


■Nバン価格 126万7920円〜179万9280円

(問)ホンダお客様相談センター FREE0120-112010

http://www.honda.co.jp/auto/

関連記事

  1. 安全意識向上イベント!!  和光2りんかんに、ベスラブレーキガー…
  2. 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-…
  3. 【NEW ITEMS】SHOEI EX-ZEROシリーズ 12月…
  4. 不整地カブの全てが分かる?!「MCクラシック04号」2018年3…
  5. 【NEW MODEL】新型THRUXTON TFC(スラクストン…
  6. 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION…
  7. 寒い冬を快適に走るコミネの電熱インナー
  8. 第22回 カフェカブミーティングin青山 11月3日、11月4日…

おすすめ記事

今こそ注目したい! ゆったり走れる旅仕様カブ、クロスカブ110 プロテックがW800用シフトポジションインジケーターを発売 スズキ カタナを購入した人に立ちゴケ保証を提供 【NEW ITEM】ALPINESTARS WAKE AIR JACKET 台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが2019年12月より車両取り扱い開始 歴史を彩った名車シリーズ LILAC LS38 LANCER mark V
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP