トピックス

サイン・ハウスがバイク用インカム「B+COM SB6X」の最新プログラムを12月4日よりリリース

バイク用インターコム(インカム)でナンバーワンのシェアを誇るサイン・ハウスの「B+COM」シリーズ。
そのハイエンドモデルである「B+COM SB6X」の最新アップデートプログラムV5.1が本日12月4日午前10時にリリースされた。

今回の最新プログラムでアップデートされたのは、以下の項目。

1:Android 搭載機能「Google アシスタント」との動作最適化
B+COM SB6Xはスマートフォンとの接続中、デバイスボタンを2回押すとスマートフォンの音声認識ガイダンス機能の起動が可能となっているが、今回はAndroid OS がアップデートされたことに伴い、Androidの音声ガイダンス機能を使用した際の動作が最適化された。

2:「ホンダ・ゴールドウイング」の車両システムアップデートに伴う動作最適化
ホンダ・ゴールドウイングに搭載されている車両システムが最新ソフトウェア「HG.ROW.18.12.14.09.01.00」にアップデートされたことに対応するよう、B+COM SB6Xの動作を最適化。

3:軽微な不具合修正と機能改善

最新プログラムのインストールはWindws PC版「B+COM U」(https://sygnhouse.jp/products/bcom/bcom-u/)よりインストール可能となっている。

今回のアップデートで、特にAndroidユーザーはさらに快適に使用することができるようになるだろう。
さっそくアップデートを行い、快適なツーリングを楽しんでみてはいかがだろうか?

おすすめ記事

【ホンダ・スーパーカブ110】見た目は90とそんなに変わらないけど、実は完全新設計って知ってました? ドゥカティ ストリートファイターV4の先行予約で、純正アパレルクーポンプレゼント 置くだけでスマホを充電! ワイヤレスチャージ機能付きスマホホルダー DEF-MS2
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP