トピックス

これぞ究極の防水デニムパンツ  ゴールドウイン・GWSゴアテックス デニムパンツ

[PR] sponsored post

ライディングデニムにはいかんともしがたい弱点がある。雨だ。
基本的に綿でできているデニムパンツはぬれると乾きづらいため、雨に降られたらすぐにレインウエアをはくのが基本。

楽にライディングポジションを取れるよう膝と股部に立体裁断を採用しているが、見た目はオーソドックスなデニムパンツのため、街なかを歩いていても違和感がない。
サイズ:28、30、32、34、36インチ カラー:ハードウォッシュ、ワンウォッシュ
価格:4万3780円

しかし、4万5000mm以上の初期耐水圧を持つゴアテックスメンブレンの裏地を採用し、デニム生地自体にも撥水加工を施すことで優れた防水性を実現したこのGWSゴアテックスデニムパンツならそんな手間は必要ない。
さらに、1万3500g/m2・24hという透湿性も備えるため、汗によって生地が肌にまとわりつくのも抑えられる。

標準装備のプロテクターが入るポケットを膝裏に装備。このポケットは面ファスナーが取り付けられているので、開口部の折り返し量によってプロテクターの位置を調整できる

立体裁断パターンを採用しつつ、防水透湿性を兼ね備えているため、急な雨に慌てることなく安全に止められる場所まで走り続けられる。これはツーリングだけでなく、街乗りでも大きなメリットだ。

強力な撥水加工が施されたデニム生地と裏側のゴアテックスメンブレンが優れた防水性を実現。生地の縫い目はシーリング処理されており、フロントファスナー内には水の浸入を防ぐマチも採用。これら徹底した防水処理は、防風性にも高い効果を発揮する。

One More Choice!
GSM23003 GWM・ストレッチデニムパンツ

ポリウレタンを混紡することで優れたストレッチ性を持たせた、同社製デニムパンツのスタンダードモデル。乗車姿勢に合わせた膝や股部の立体裁断と相まって、乗り降りもスムーズに行うことが可能。
膝には装着位置の調整が可能なプロテクターを標準装備し、メッシュの裏地を採用したはき心地の良さも魅力だ。

サイズ:28、30、32、34、36インチ
カラー:ハードウォッシュ、ワンウォッシュ
価格:1万9800円

問い合わせ

ゴールドウイン
TEL:0120-307-560
URL:www.goldwin.co.jp/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史③ マンネリ化した箱根ツーリングに新提案 いま、KYMCOバギーがアツいっ!! GSX-S1000GT スズキ 【スズキ GSX-S1000GT足着きレポート&実車解説】日本仕様は159万5000円で2月17日発売

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事