トピックス

【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリーズ』

天涯孤独の少女が出会ったのは、世界で最も愛されたバイクだった。

彼女とカブの織り成す日常を描いた『スーパーカブ』シリーズ(KADOKAWA スニーカー文庫 トネ・コーケン著)が絶賛発売中だ。

親なし、友なし、趣味もなし。ないないの女の子・小熊は、ある日1台のカブに出会う。そして、その巡り会わせは彼女の生活を小さく、しかし確実に、色鮮やかに彩っていくのであった。

バイクに初めて乗ったときの感動や「どこまでも行けそう」な万能感、愛車を通じて広がる友情の輪などが。10年以上カブを愛用し続ける著者のトネ・コーケン氏と、イラストレーターの博(ひろ)氏によって丁寧に表現されている。

’58年に発売され、’17年10月に累計生産台数1億台を達成したホンダ・スーパーカブ。

本シリーズで描かれる小熊とカブの青春もまた、1億の物語のひとつである。

価格は、第1巻が648円、2、3巻は670円。

●こちらはKADOKAWAが運営するウェブサイト「コミックNewtype」で連載中のコミカライズ版、第一巻。価格は580円(税別)

●五十路のおじさんもついつい熱中しちゃう? 原稿を書く手を休めて読みふけるMCClassic編集長の図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新刊、コミカライズ情報が知りたい方は以下のサイトまで

スーパーカブ特設ページ

コミックNewtype

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【KIJIMA】これからの時期に絶対ほしい!「グリップヒーター  GHシリーズ」 1着で5通りの着こなしが可能! ホンダの秋冬新作「マーキュリアルマルチウエイジャケット」がデザインもコスパも◎ クシタニ岡山店が3月14日(土)岡山市の商業施設内に移転オープン!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション