トピックス

人気アーティスト・加藤ノブキ氏とファンティックがコラボ!

サイン・ハウス車両事業部は、 椎名林檎のCDジャケットやアディダスなど有名企業の広告、アライ ラパイド・ネオ オーバーランドのグラフィックデザインなどを手掛けた人気アーティスト、加藤ノブキ氏とファンティックのコラボレーション企画を開始する。

●自身もライダーである加藤ノブキ氏。今回の企画前に、キャバレロ フラットトラック250をひと目ぼれし購入。SNSなどでその魅力を伝えている

7月下旬に発売されるバイク雑誌で、加藤ノブキ氏が描いたファンティックのイラストレーション広告を展開。その第1弾では、キャバレロシリーズを楽しむ女の子たちの日常を描いている。キャバレロシリーズの「街なかでも気軽に楽しめるモデル」という特徴を表現したものと言えるだろう。

なお、8月からはキャバレロシリーズを購入または予約した人の中から希望者に、A1サイズのファンティックイラストポスターがプレゼントされる。また、今後もコラボレーション企画を展開するというので楽しみだ。

CONTACT

問い合わせ先 サイン・ハウス車両事業部
電話番号 03-3721-1770
URL https://caballero.jp
加藤ノブキ オフィシャルサイト http://kato-nobuki.com
  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ BMW R60 スーパーレッジェーラV4 【超貴重車!】ドゥカティ・スーパーレッジェーラV4試乗 限定500台、約1200万円、224馬力の公道を走れるレーシングマシン 「アライ アストロ-GX」のカラーリングモデル第一弾 、「アストロ-GX FACE」が6月発売!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP