トピックス

トライアンフの6月の登録台数が過去最高を記録し、年間台数も初の2000台超えを達成

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2020年6月の登録台数が過去最高を達成したと発表した。

20年6月の登録台数は438台で、前年比138%の大幅増となった。これは、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言とそれに伴う外出自粛の影響などにより5月の営業実績に影響が出たが、正規販売店での感染拡大対策や業績回復に努めたことにより影響が最小限に抑えられ、さらに自粛解除後の6月に受注数が大幅増に転じ、落ち込みを大幅に上回るV字回復を達成できたという。

また、同社の会計年度である19年7月〜20年6月の年間登録台数でも初めて2000台を突破し、前年比108%となる2062台を達成した。

同社は近年「ブランド認知の向上」、「新製品攻勢」、「販売店網の向上」という3つの戦略方針に取り組んでいるが、20年7月に神奈川県茅ヶ崎市に「トライアンフ茅ヶ崎」、9月には沖縄県浦添市に「トライアンフ沖縄」をオープンする予定となっている。

CONTACT

問い合わせ先 トライアンフモーターサイクルズジャパン
URL https://www.triumphmotorcycles.jp
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

Route419 人気絶版車をレンタルバイクで楽しむ! カワサキ ゼファーχとホンダ VF750セイバーでツーリングしてみた 大胆な和のデザイン「RX-7X ツバサ」アライの最高峰フルフェイスに新グラフィックが登場、2024年2月発売予定 YZF-R7 ヤマハ ヤマハ YZF-R7は「ライテク磨きに最適なミドルスーパースポーツだ!」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事