トピックス

ウイングフットがスペイン製バイクのレオンアートを輸入・販売開始 クラシックデザインの125cc車5機種を投入

ウイングフットは、スペインのレオンアートSAと日本における総輸入元契約を締結、レオンアート製バイクの輸入を開始した。

1985年にバルセロナで工業機械と産業機械を開発・製造する会社として設立したレオンアートは、2004年に小型エンジンを搭載するシンプルなバイクの製造を開始。以来、スペインでカスタムバイクリーダーとして魅力的な小排気量バイクをリリースしている。

現在のラインアップは、デイトナ125、パイルダー125、ヘリテージ125、トラッカー125、ベッセル125の5モデル。トラッカー125は空冷単気筒2バルブ、その他のモデルは水冷並列2気筒OHC2バルブエンジンを搭載している。

●デイトナ125
価格:52万8000円
カラー:黒

●パイルダー125
価格:59万4000円
カラー:黒、白、黄

●ヘリテイジ125
価格:41万8000円
カラー:黒、銀

●トラッカー125
価格:44万円
カラー:黒、銀

●ベッセル125
価格:42万9000円
カラー:黒

なお、日本では全国の販売店を通して7月から販売を開始する予定だ。

お問い合わせ

ウイングフット
TEL:03-3897-7255
https://www.leonart.jp

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【BMW Motorrad】から「2024年春の新作ギア&ガーメント」!革の「WESTENDジャケット」とデニムの「SPANDAUジャケット」 信号がないから安全? ツーリング先などで見かける丸い交差点「ラウンドアバウト」の正しい走り方 歴史を彩った名車シリーズ BMW R60

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事