トピックス

【三ない運動の始まりと拡大】法律ではOKなのに、なぜ16歳でもバイクに乗れないのか?

大型二輪以外は16歳で免許が取得できるのだが……

16歳になったら道路交通法に基づく下記5種類の免許を取ることができます。
*( )の中は道路運送車両法での車両区分・排気量

原動機付自転車免許(第一種原動機付自転車・50cc以下のバイク)

普通自動二輪車小型限定免許(第二種原動機付自転車・125cc以下のバイク)

普通自動二輪車AT小型限定免許(第二種原動機付自転車・125cc以下のオートマチックバイク)

普通自動二輪車免許(軽二輪・400cc以下のバイク)

普通自動二輪車AT限定免許(小型二輪・400cc以下のオートマチックバイク)

このように法律上は免許を取得できるのですが、学校が取得を許可していないという話をよく聞きます。なぜでしょうか。
「校則」で免許を取ってはならないと定められているからです。

三ない運動のスタートは1970年代から

免許を取ってはならないという校則ができた理由は1970年代にあります。交通事故の増加や暴走族への対策として、一部の県や学校単位で定められたのが始まりと言われています。
その後、1982年の全国高等学校PTA連合会で「三ない運動(バイクの免許を取らせない・バイクを買わせない・バイクを運転させない)」という決議が採択されました。PTAは保護者の集まりですから、三ない運動を広めたのは高校生を子に持つ親御さんということになります。その想いはもちろん「我が子の命を守りたい」というものです。

よく勘違いをされるのですが、三ない運動は文部省(現・文部科学省)が始めたものではありません。国が主導したことはなく、あくまでもPTAという保護者の組織が全国大会を通じて広めていったものです。
ただし、現実的には文科省の意向をくんでいる各都道府県の教育委員会や各校がPTAと一緒に三ない運動を黙認、あるいは自治体によっては教育方針として学習指導要項に取り入れ、推進してきたことも事実です。

さて、1980年代は国内市場でバイクが最も売れていた時期です(最大で年間320万台・1982年)。毎年、多くの車種がモデルチェンジを重ね、様々なカテゴリーのバイクが登場し、バイクブームの全盛期でもありました。
三ない運動が始まり、生徒手帳に「免許取得が発覚したら停学、免許は卒業まで没収」と記されていても、多くの高校生が学校に隠れて免許を取りました。

そうした高校生がバイク乗車中の事故で亡くなるというケースも増え、社会問題にもなりました。三ない運動は、公共交通の不便な一部の地域・学校を除き、公立や私立を問わず、校則に盛り込まれることが当然のことのようになったのです。

公共交通機関が少ない地域では許可されているケースもあるものの、坂が多い地域などの通学などにも二輪車の実用性・可能性はあると思われるのだが……。

レポート&写真●田中淳磨

三ない運動とは何なのか? その始まりと現状について考える

おすすめ記事

【速報&詳細画像】ついに“ハンターカブ”が来たっ! ホンダ・CT125が東京モーターショー2019で世界初公開っ! 【冬ツーリング】冬こそ行きたい光のドラマチックスポット7選 ドゥカティ京都が最新の内装CIを採用してリニューアル!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP