トピックス

年間販売予定台数の約130%を既に受注、ホンダADV150が好調なスタート

ADV150、年間販売計画台数を1000台上回る受注

2月14日(金)に発売した新型軽二輪スクーター、ADV150が好調なスタートを切った(排気量は150cc、価格は税込み45万10000円)。
2月10日時点で、ホンダ二輪車正規取扱店からの受注状況は年間販売計画台数の3000台を上回る約4000台となっている。

スクーターの魅力である快適性や利便性・機動力に加え、現在大型バイクで人気のジャンル「アドベンチャーモデル」の要素を取り入れたデザインで、通勤や通学だけでなく趣味や非日常まで楽しめる点が多くの支持を集めたと考えられる。

ADV150は2019年10月に開催された「第46回東京モーターショー2019」に市販予定車として出展され注目を浴び、2019年12月20日(金)に国内での発売を発表。
ベース車は軽二輪スクーターとしてベストセラーとなっているPCX 150で、同車譲りに燃費と出力特性に優れた「eSP」エンジンを搭載。アイドリングストップ機能もPCX 150同様に搭載されている。
足まわりは専用設計し、市街地から高速道路、未舗装路までとさまざまなシチュエーションで快適な乗り心地を実現している点は、ADV150ならではの特徴だ。

ADV150

「アドベンチャーモデル」のイメージが与えられたスタイリング

PCXシリーズなどで定評ある水冷149ccOHC単気筒の「eSP」エンジンを搭載

ADV150の人気車体色は?

車体色はブラウン、レッド、ブラックの3色が設定されるが、受注段階での配分は下記のようになっている。
ブラック(マットガンパウダーブラックメタリック):35%
レッド(ゲイエティーレッド):34%
ブラウン(マットメテオライトブラウンメタリック):31%

ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)

ADV150(ゲイエティーレッド)

ADV150(マットメテオライトブラウンメタリック)

ホンダADV150諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークOHC単気筒 ボア・ストローク:57.3mm×57.9mm 総排気量:149cc 最高出力:11kW<15PS>/8500rpm 最大トルク:14Nm<1.4kgm>/6500rpm 変速機:無段変速式
[寸法・重量]
全長:1960 全幅:760 全高:1150 ホイールベース:1325 シート高:795(各mm) タイヤサイズ:F110/80-14 R130/70-13 車両重量:134kg 燃料タンク容量:8L

問い合わせ●ホンダお客様相談センター
TEL 0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

まとめ●モーサイ編集部

【ホンダADV150試乗】その90%が新設計! PCXの「着せ替え」ではない、ヘビーデューティー・スクーター

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

街歩きにもおしゃれに使えるヘビロテの2WAYレッグバッグ。FLAGSHIP FB-852 べリアスホルスターバッグ 電動バイクだけのモーターショー!「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が12月4〜5日に開催 ヤマハ「モーターサイクルショー2024」の出展内容を発表、YZF、MT、XSR各シリーズにまたがれる!発売予定の最新MT-09も見られる!!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション