トピックス

さすが海外でも人気のくまモン! なんとタイにもホンダ×くまモンコラボバイクがあった

「くまモン」と言えばゆるキャラの代名詞のような存在ですが、公式Twitterアカウントのフォロワー数は80万を超え、今や海外でも大人気となっています。
2011年3月の九州新幹線開業をきっかけに生まれたくまモンは、熊本県公式のPRマスコットキャラクター。公式プロフィールには「いちおう公務員。熊本県の営業部長兼しあわせ部長に抜擢されている」とあります。
熊本県をPRする存在としてさまざまなイベントなどに登場しているほか、コラボアイテムも多く生まれているのは皆さんご存じですね。

ホンダも熊本県にバイクの生産拠点「熊本製作所」がある縁から、50ccスクーターの「ジョルノ」、スーパーカブをベースとした50ccと110ccの「クロスカブ」に「くまモンバージョン」がラインアップされています(2014年には「モンキーくまモンバージョン」というモデルも発売していました)。

クロスカブ50くまモンバージョン

クロスカブ50くまモンバージョン(30万8000円)

クロスカブ110くまモンバージョン

クロスカブ110くまモンバージョン(35万2000円)

クロスカブくまモンバージョンのエンブレム(50、110)

ジョルノくまモンバージョン(20万6800円)

2014年に発売されたモンキーくまモンバージョン

現地専用スクーター「スクーピー」にコラボモデルが

タイの「ホンダ スクーピーiくまモンスペシャルエディション」のカタログ

が、先に述べたように海外でも愛されているくまモンだけあって、コラボバイクが海外にも。
タイで2019年に発売された、ホンダの110ccスクーター「スクーピーi」に「くまモンスペシャルエディション」というモデルがあるんです。

スクーピーiは現地生産・現地販売される海外専用モデルですが、その誕生10周年を記念するモデルとして「くまモンスペシャルエディション」が登場しました。
(そういえば、日本でも2000年代50ccスクーターで「クレアスクーピーi」というモデルがありましたね)

ホンダ クレアスクーピーi。2001年〜2011年まで販売されました

日本の「くまモンバージョン」同様、黒×赤の専用のカラーリングとなり、車体にはくまモンのグラフィックが配されています。黒と赤のツートーンのバックミラーがとっても可愛い!
ちなみにスクーピーi自体も、62.5km/Lの燃費にアイドリングストップ機能搭載、ヘルメットが入るゆとりある収納スペースやAC電源も装備と、使い勝手もよさそうで魅力的なモデル。
「くまモンスペシャルエディション」だけでも日本で買えたらなぁ、なんて思ってしまいませんか。いずれにせよ、海外でもバイクになってしまう“くまモン人気”恐るべし!

まとめ●モーサイ編集部

関連記事

  1. 【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリー…
  2. スズキGSX-Sシリーズのムック登場!
  3. 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KAT…
  4. BS11の人気バイク番組「大人のバイク時間 MOTORISE」の…
  5. 本日8月10日は「ブレーキパッドの日」って知っていましたか?
  6. 【NEW ITEM】R&G TANK TRACTION…
  7. 【EVENT】11月25日(日)にトライアンフがイベントを開催!…
  8. モトサービスエッジ 土方の トラブルから考える二輪車メンテ Vo…

おすすめ記事

【NEW MODEL】KAWASAKI Ninja250/KRT EDITION クルマだけでなくバイクもOK! 愛車のおはらいをしてくれる関東の有名寺社5選 プライベーターが作り出したRZ500R 大型連休にいってみたいツーリングルート! ダブルルート編(ビーナスライン&富士山スカイライン) SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【パンツ・グローブ・バッグ編】 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜南房総編〜
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP