トピックス

「令和のハンターカブ」ホンダCT125の価格と発売時期が見えてきた!

1月21日、ホンダの正規販売店に向けた2020年の新商品説明会が行われ、CT125の予定販売時期と予定価格が発表されました。
6月発売予定で、予価44万円となっています。

正規販売店むけ2020年新商品説明会で公開された「CT125ハンターカブ」

説明会では実車の展示も行われましたが、そこに登場したのは東京モーターショー2019の会場で展示されたレッドではなく、ブラウン。
車体色のラインアップがすべて公開されたわけではありませんが、意外なカラーリングが設定されていることが明らかになりました。

また、ハンドルのブレースバーが省略されれいる、タイヤがオンロード寄りのパターンのものになっている、タンデムステップが装備されている、マフラーカバーのデザインが変わっているなど、「市販予定車」だった東京モーターショー2019展示車から、「製品版」となるにあたって変更されている点があります。

東京モーターショー2019で市販予定車として登場した「CT125」

注目は車名が「CT125ハンターカブ」と紹介されたこと!(東京モーターショーでは「CT125」という紹介)
日本では「ハンターカブ」が正式な車名として使われたのは、1960年代に発売されたC105Hのみなので、約半世紀ぶりの「ハンターカブ」復活になりそうです。

まとめ●モーサイ編集部

関連記事

  1. 【新刊情報】MCクラシック6号、好評発売中!!
  2. 歴史は続く……“古き良きスタイル”がバイクユーザーに支持されるワ…
  3. カーボン部分が丸わかり! スッピン素顔のダカールラリー用バイク「…
  4. 夏に食べたい旨い「レア飯」6選 in 北海道
  5. 一番の美女は誰だ!?東京モーターサイクルショー2018美女図鑑!…
  6. 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Afric…
  7. 大人気アニメゆるキャン△の、「リンちゃんのサイドバッグ」がついに…
  8. 【NEW ITEMS】ARAI VZ-RAM

おすすめ記事

【EVENT】河口湖自動車博物館・飛行館、8月1日より期間限定で開館! XT660Zの後継モデル、ヤマハ・テネレ700がついに日本上陸! 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(3)スーパースポーツの先駆け ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GSX250R(前編) めっちゃ暖かい!クシタニアキュートジャケット『モニターレポート』1/2 【NEW ITEMS】小さな道具で大きな効果!! 持ち運び可能な防犯アイテムが8月販売予定!!
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP