トピックス

トライアンフモーターサイクルズジャパンが過去最高の年間登録台数を達成

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2019年の同社の年間登録台数が過去最高を達成したと発表した。

2019年の登録台数は、前年比113%となる1958台。同社では、ブランド認知の向上、新製品攻勢、販売店網の刷新を中心に取り組んでおり、特に販売店網の刷新がめざましい結果を挙げているという。

同社は2020年前半に4店舗の新規出店及び新装オープンを予定。また、ロケット3R、スラクストンRS、デイトナMOTO2 765、ボンネビル・ボバーTFCなど13の新型車や限定車を2020年中に導入する予定だというから、この快進撃はまだまだ続きそうだ。

●19年8月にオープンしたトライアンフ大阪は従来の約5倍の来場者を獲得

CONTACT

問い合わせ先トライアンフモーターサイクルズジャパン
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

関連記事

  1. 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Su…
  2. 【NEWS】ダイネーゼがレザーアイテムの クリーニングサービスを…
  3. 赤いバイクが静かに街を駆ける! 日本郵便、ホンダ製電動バイクの導…
  4. 「ふっこう割」で行く、北海道・十勝のうまいもの巡り-1
  5. 【三輪バイク】ジェット機姿のアメリカ製トライク「PULSE SI…
  6. 【速報】アドベンチャーテイストのパワフルデザインスクーター、AD…
  7. 【NEW MODEL】MOTO GUZZI V7Ⅲ CARB…
  8. 免許費用が安くなる!?「KTM免許サポートキャン ペーン」スター…

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】13.rpm(番外編):実はレバーを交換していたのダッ! 自分好みを見つけられるU-KANAYAのアルミビレットレバー 【’80sカワサキZの魅力】そしてライムグリーンは伝説となった(後編) 【NEW MODEL】ホンダ・X-ADVがカラーリング変更& ETC2.0を装備して発売! 【NEW ITEMS】SHOEI VFX-WR GRANT3 1万2960円分の用品をGETしよう!! 「SUZUKI イチバン フクブクロ」開催 旅にジャストサイズのパートナー BMW F850GS/F750GS
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR250RR
  1. CBR250RR
PAGE TOP