トピックス

トライアンフモーターサイクルズジャパンが過去最高の年間登録台数を達成

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2019年の同社の年間登録台数が過去最高を達成したと発表した。

2019年の登録台数は、前年比113%となる1958台。同社では、ブランド認知の向上、新製品攻勢、販売店網の刷新を中心に取り組んでおり、特に販売店網の刷新がめざましい結果を挙げているという。

同社は2020年前半に4店舗の新規出店及び新装オープンを予定。また、ロケット3R、スラクストンRS、デイトナMOTO2 765、ボンネビル・ボバーTFCなど13の新型車や限定車を2020年中に導入する予定だというから、この快進撃はまだまだ続きそうだ。

●19年8月にオープンしたトライアンフ大阪は従来の約5倍の来場者を獲得

CONTACT

問い合わせ先 トライアンフモーターサイクルズジャパン
URL https://www.triumphmotorcycles.jp
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スズキ新型Vストローム1050は「デザイン以上に中身の進化がハンパない!」 インナーサンシェード付きオープンフェイス「EXCEED-2」は風の巻き込みを低減させてデビュー!【Kabuto】から XSR900GP 足つき ライディングポジション 実車 モーターサイクルショー ヤマハ 【ヤマハ XSR900GP】実車で足着きもチェック!往年のレプリカ世代でも前傾姿勢はキツ過ぎない

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション