トピックス

令和第一号のバイクは復活の名車 カタナ! 一方、平成最後のバイクは……

新時代を象徴するがごとく、スズキ カタナが2019年5月に発売

2019年5月1日、改元が行われ「令和」の時代が始まりました。
そんな令和元年、最初に発売された国産新型車・令和第一号はというと……2019年5月30日発売のスズキ カタナなんです。
時代を超えてよみがえったカタナらしいデビューを遂げていたんですね!

なお、カラーリング変更などのマイナーチェンジを含めて「令和になって発売された最初の国産バイク」はというと……
カラーリング変更を行って2019年5月16日に発売されたヤマハのクルーザーモデル「ボルトABS」、「ボルトRスペックABS」が令和第一号車となります。

ボルトABSは燃料タンクの上面にロゴグラフィックをあしらった「ブラックメタリックX」のニューカラーが登場。
ボルトRスペックABSは、燃料タンクの側面に赤いストライプを入れた「マットシルバー1」のニューカラーが登場しました。

2019年5月16日発売のヤマハ ボルトABS「ブラックメタリックX」

2019年5月16日発売のヤマハ ボルトRスペックABS「マットシルバー1」

ちなみに「平成最後」のバイクは

一方、2019年4月まで続いた平成。
平成最後の日、4月30日に発売されたバイクがありました(新型車、マイナーチェンジ車問わず)。
そんな「平成最後のバイク」となったのは、カラーリング変更を行ったヤマハのスクーター「NMAX155 ABS」。
「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」のニューカラーが登場しました。
この2色のNMAXは後年語り継がれる存在になるかも……しれません。

2019年4月30日発売のヤマハNMAX155 ABS「マットグレーメタリック3」

2019年4月30日発売のヤマハNMAX155 ABS「ホワイトメタリック6」

(まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ/ヤマハ)

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

【アイテム選びで旅をもっと快適に:その5】"高通気性"グローブ(前編) 「三ない運動」撤廃から3年目、埼玉県の高校生向けバイク講習は新たな段階へ フラッグシップのリフレイムシリーズは難燃素材でキャンプツーリングに最適!<新製品テスト>
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP