トピックス

令和第一号のバイクは復活の名車 カタナ! 一方、平成最後のバイクは……

新時代を象徴するがごとく、スズキ カタナが2019年5月に発売

2019年5月1日、改元が行われ「令和」の時代が始まりました。
そんな令和元年、最初に発売された国産新型車・令和第一号はというと……2019年5月30日発売のスズキ カタナなんです。
時代を超えてよみがえったカタナらしいデビューを遂げていたんですね!

なお、カラーリング変更などのマイナーチェンジを含めて「令和になって発売された最初の国産バイク」はというと……
カラーリング変更を行って2019年5月16日に発売されたヤマハのクルーザーモデル「ボルトABS」、「ボルトRスペックABS」が令和第一号車となります。

ボルトABSは燃料タンクの上面にロゴグラフィックをあしらった「ブラックメタリックX」のニューカラーが登場。
ボルトRスペックABSは、燃料タンクの側面に赤いストライプを入れた「マットシルバー1」のニューカラーが登場しました。

2019年5月16日発売のヤマハ ボルトABS「ブラックメタリックX」

2019年5月16日発売のヤマハ ボルトRスペックABS「マットシルバー1」

ちなみに「平成最後」のバイクは

一方、2019年4月まで続いた平成。
平成最後の日、4月30日に発売されたバイクがありました(新型車、マイナーチェンジ車問わず)。
そんな「平成最後のバイク」となったのは、カラーリング変更を行ったヤマハのスクーター「NMAX155 ABS」。
「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」のニューカラーが登場しました。
この2色のNMAXは後年語り継がれる存在になるかも……しれません。

2019年4月30日発売のヤマハNMAX155 ABS「マットグレーメタリック3」

2019年4月30日発売のヤマハNMAX155 ABS「ホワイトメタリック6」

(まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ/ヤマハ)

おすすめ記事

東京マラソンを走ったBMW Cエボリューション白バイ、スペイン・バルセロナでは一気に30台も採用されていた! シュシュっとひと吹きで洗浄&コーティング可能! シュアラスター ・ゼロフィニッシュ 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史③ 加速GはGT-R超え? 価格は86以下!? 国産スポーツバイクの凄まじき加速ランキング 汎用スキャンツールに対応したホンダ車用OBDアダプターが登場 Z-7に左右非対称カラーの個性的なデザインモデルを追加
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP