トピックス

ヤマハ最後の2ストスポーツ「R1-Z」がなんとレンタルで楽しめる! レンタル後に購入するとお得になるサービスも

最近では、「ハコスカ」や「S30Z」といった貴重な旧車や、「ハチロク」や「R34 GT-R」などの高い人気を誇る絶版車などをレンタルで楽しめるレンタカーサービスが近年登場しています。
そしてそれと同じ様に、バイクレンタル業界でも旧車、絶版車を貸してくれるエンターテインメント性の高い「エンタメ・レンタルバイク」(勝手ながら編集部で名前を造語しました)がよ〜く探してみるとあるんです。
当記事で紹介するのは、パワーバンドに乗ったときの痛快な加速力が魅力な2ストマシンをレンタルできるショップです。

レンタルできるのは最終型R1-Z、しかも専門ショップならではのバリバリ完調車!

そのショップとは、生まれたころには絶版になっていて「2ストマシンってどんな乗り味なんだろう?」というナウなヤングや、「パンチの効いた加速力の2ストマシンにもう一度乗りたい!」というダンディなお客さんが多いというYSP東大宮。
YSP(ヤマハ・スポーツ・プラザ)とは、ヤマハ車を専門とするヤマハの正規ディーラー。言わば、ヤマハのスペシャリストです。
YSP東大宮はヤマハが展開する「ヤマハバイクレンタル」のサービスも行っており、同店限定で2スト2気筒エンジンのR1-Z(最終型)を「ヤマハバイクレンタル」の一貫として貸し出しています。

R1-Z

レーサーレプリカのTZR250と同系の250cc2スト2気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル。1990年に登場し、1999年まで販売された。トラスフレームの美しい車体、右側2本出しのサイレンサーは同車のスタイルの大きな特徴。最終型は最高出力40馬力/8500rpm、3.4kgm/7500rpm。

以前から厳選したR1-Zの中古車両を販売しているほか、R1-Zのメンテナンス・修理にも力を入れているYSP東大宮は「コンディションのいい状態の車両を体感して欲しい」と、レンタル車のラインアップにR1-Zを加えたそうです。
R1-Zを買いたい人に車両の状態を事前に体感してもらうためという目的もあり、レンタル利用後2週間以内にR1-Zの販売在庫車を購入すると、レンタル料金は車両代金から値引きされるんですって!
もちろん在庫車がある場合に限りますが、、絶版車の購入を検討するにあたって試乗ができるってスゴいことですよね。
R1-Zをレンタルした後、実際に購入されたお客さんも少なくないとのこと。

XJR1300

同店でレンタルできるXJR1300。写真はツーリング中のもので、リヤボックスはオプション品。

ほかにもYZF-R25、YZF-R3やMT-07など最新のヤマハモデルがレンタルできるほか、排ガス規制のため2017年に生産終了した大排気量空冷4気筒マシンXJR1300など、様々なヤマハのバイクをレンタルすることが可能です。
(R1-Z同様に、XJR1300も同店限定でのレンタル)

■レンタル料金例
126~400cc:9500円(4時間)~
950cc超:1万6300円(4時間)~
*レンタルをするにはヤマハバイクレンタルに登録する必要があります。

同店ではR1-Zの販売車両に、安心のYSP優良中古車保証(3カ月または5000kmの保証)、および24時間・距離50kmまで無料のYSPレスキュー(1年間)、そしてオーナーズマニュアルを付けているのも大きな特徴。

■YSP東大宮
埼玉県さいたま市見沼区南中丸307-6
http://ysp-higashiomiya.com/

■ヤマハバイクレンタル
https://bike-rental.yamaha-motor.co.jp/


メーカーの展開しるレンタルサービスで絶版車がラインナップされているとは驚きですが、モーサイでは今後も様々な「エンタメレンタルバイク」を紹介していきます。
(まとめ●モーサイ編集部・高垣/上野)

ゼファーにNSRにカタナに──絶版名車に乗れる「エンタメ・レンタルバイク」を発見!

人気絶版車をレンタルバイクで楽しむ! カワサキ ゼファーχとホンダ VF750セイバーでツーリングしてみた

おすすめ記事

カドヤ仙台店が新春初売りを開催 MotoGPカラーをまとったヤマハYZF-R3/R25の限定モデル 思い描く「理想のZ」の形とは? Zを現代に再生させる職人のこだわり 東京モーターショー2019で大公開! 圧倒的な走破性を誇る新型アフリカツイン ハーレーのカスタムと言えばOZ-Garage(オズガレージ)!! 新店舗が7月21日にグランドオープン! 夏はクシタニミーティング&セールで楽しもう!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP