トピックス

【NEWS】ゴールドウイングが540台の受注を獲得 発売前日には開発者のトークショーを開催

ホンダは1月12日(金)に17年ぶりのフルモデルチェンジを実施したフラッグシップツアラー、新型ゴールドウイングの受注が1月22日(月)時点で540台に達したことを発表した。

昨年の東京モーターショーで世界初披露された新型ゴールドウイングは、新たに7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)搭載車を設定するなど、多くのライダーから注目を集めた。なお、発売日は4月2日(月)、年間販売計画台数500台を予定していた。

受注構成比は、リヤトランクを装備した「ツアー」のDCTモデルが54%と半数以上を占め、同6速MT車が34%、バガースタイルのゴールドウイングが12%となっている。

ホンダでは、発売前日の4月1日(日)に同車の開発責任者である中西 豊氏と元ホンダワークスライダーの宮城 光氏のトークショーを実施する。日本を代表するツアラーの開発秘話を聞きに、ホンダウェルカムプラザ青山まで出かけてみてはいかがだろうか。

 

■ゴールドウイング  トークショー開催概要 日時●4月1日(日)14:00〜15:00 会場●Hondaウェルカムプラザ青山 東京都港区南青山2-1-1 http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

21世紀ホンダ破天荒伝説 「Nプロジェクト、その全貌」第1章:21世紀に出遅れたホンダ フラッグシップの「イノベーティブストレッチレインスーツ」は雨の日をスタイリッシュかつ快適に過ごす秘密兵器 これが500円で買える……だと!? ダイソーのアルミ飯ごう「メスティン」が爆発的人気を獲得しているワケ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP