トピックス

XT660Zの後継モデル、ヤマハ・テネレ700がついに日本上陸!

東京モーターショーに出展されたヤマハのテネレ700は、XT660Zから10kgの軽量化を果たした新型ミドルアドベンチャー。エンジンはロードスポーツのMT-07やスポーツヘリテージモデルのXSR700と同じ水冷並列2気筒270度クランクユニットを搭載する。

今回展示されたのは欧州仕様で、またがることもできた。しかもサスペンションを固定した仕様ではなく、キチンとストロークする状態で。実際にまたがってみると、サスペンションが沈むため身長170cm以下でも片足ならつま先が余裕で着く。人によっては両足のつま先がしっかりと接地するかもしれない。これはサスストロークの長さはもちろん、非常にスリムな車体も関係しているはずで、400ccクラスのアドベンチャー、または250ccラリーレイドモデル(例えばTT250Rレイドのような)に似た感覚だった。

メーターは縦型の液晶タイプを採用。その上部には各種ガジェットを装着できる小型のバーも装備されている。

ヘッドライトは個性的な4眼プロジェクタータイプで、小型ながら高い防風性能を持つウインドシールドも備わっている。

ツーリングからオフロード走行までこなすテネレ700のライバルは、KTMのニューモデル、790アドベンチャーあたりだろうか。国産車でいえば、スズキVストローム650よりもオフロード向き、ホンダのCRF1100Lアフリカツインよりも手頃で軽快。そんな注目のパラツインアドベンチャーの日本発売は2020年夏以降を予定。価格は100万円強と予想される。

SPEC
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク2気筒DOHC4バルブ 総排気量:689㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】車両重量:204kg タイヤサイズⒻ90/90R21 Ⓡ150/70R18

おすすめ記事

【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】400X開発者に聞くフロント19インチ化のポイント 【’80sバイク熱狂時代】スーパーカブとライバルたちが繰り広げた伝説の燃費No.1争奪戦 二大ブランド「ダブル」「カタナ」が復活! 令和元年に登場したニューモデルたち【国産車編】 劇中に登場する仕様のスーパーカブに跨がれる!?「天気の子」展が松屋銀座で開催!! なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場! 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100編】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP