トピックス

XT660Zの後継モデル、ヤマハ・テネレ700がついに日本上陸!

東京モーターショーに出展されたヤマハのテネレ700は、XT660Zから10kgの軽量化を果たした新型ミドルアドベンチャー。エンジンはロードスポーツのMT-07やスポーツヘリテージモデルのXSR700と同じ水冷並列2気筒270度クランクユニットを搭載する。

今回展示されたのは欧州仕様で、またがることもできた。しかもサスペンションを固定した仕様ではなく、キチンとストロークする状態で。実際にまたがってみると、サスペンションが沈むため身長170cm以下でも片足ならつま先が余裕で着く。人によっては両足のつま先がしっかりと接地するかもしれない。これはサスストロークの長さはもちろん、非常にスリムな車体も関係しているはずで、400ccクラスのアドベンチャー、または250ccラリーレイドモデル(例えばTT250Rレイドのような)に似た感覚だった。

メーターは縦型の液晶タイプを採用。その上部には各種ガジェットを装着できる小型のバーも装備されている。

ヘッドライトは個性的な4眼プロジェクタータイプで、小型ながら高い防風性能を持つウインドシールドも備わっている。

ツーリングからオフロード走行までこなすテネレ700のライバルは、KTMのニューモデル、790アドベンチャーあたりだろうか。国産車でいえば、スズキVストローム650よりもオフロード向き、ホンダのCRF1100Lアフリカツインよりも手頃で軽快。そんな注目のパラツインアドベンチャーの日本発売は2020年夏以降を予定。価格は100万円強と予想される。

SPEC
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク2気筒DOHC4バルブ 総排気量:689㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】車両重量:204kg タイヤサイズⒻ90/90R21 Ⓡ150/70R18

関連記事

  1. 【NEWS】ヤマハの250㏄ネイキッドが インドでデザイン賞を受…
  2. 【速報】アドベンチャーテイストのパワフルデザインスクーター、AD…
  3. 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-4
  4. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜ライ…
  5. 【NEW MODEL】YAMAHA BOLT R SPEC AB…
  6. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜バイ…
  7. 【EVENT】「カワサキモーターサイクルフェアRE:WIND」で…
  8. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜40…

旅に出よう!

おすすめ記事

旅にジャストサイズのパートナー BMW F850GS/F750GS 【絶景を求めて】バイクと写す、伊豆の壮観 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実 中古二輪車スペシャリストが選ぶ! 肩ひじ張らずに楽しめる平成生まれ4モデル 【平成バイク大図鑑2】ゼファーに端を発するネイキッドモデルの台頭 アストラルXにオリエンタルテイストのグラフィックモデルが登場 【新刊情報】チューニングの神様の人生を辿る『ポップ吉村物語』 【今からでも遅くない雨の日対策1】まずは基礎知識を学べ! 防水グッズQ&A 【北海道 vs 信州】バイク旅の2大巨塔を掘り下げる!(移動方法編) 往年の名ライダーが来場するSUZUKA Sound of ENGINE2019のチケットは9月15日発売
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP