イベント

カスタマイズモデルを展示する意味とは? ホンダが東京モーターショーでダーク&クールなCB1000Rを展示

今回も多くの二輪車が展示されている東京モーターショー2019のホンダブース。
どれもが魅力的なモデルばかりであったが、その中に異色ともいえる車両が展示されていた。
独特のオーラを放っていたのは、カスタマイズコンセプトモデルとして出展されたホンダ・CB1000R。刺激的で操る楽しさのある同車をカスタマイズベースとして、なぜ黒一色で統一された、いってしまえば“ちょいワル”なモデルが作られたのだろうか?
車両詳細を見ながら、このカスタマイズコンセプトモデルが持つ意味を考えてみよう。

 

ダーク&クールをコンセプトにしたCB1000R


CBシリーズといえば、ユーザーに対する間口が広く、初心者からベテランまで多くファンを持っている、ホンダを代表するモーターサイクルブランドだ。
中でもCB1000Rは「魅せる、昂ぶる、大人のためのエモーショナルスポーツロードスター」を開発のねらいとして、操る楽しさがありながら上質な走りを実現するためマスの集中化と軽量化を実施。心臓部にはCBR1000RRのエンジンをベースに中低速寄りにセッティングして搭載するなど、スポーツ性を高めるためのシステムや構造が採用されている。
凝縮感のあるデザインもまた、そのスポーツ性能の高さを表しているモデルであるといえよう。

CB1000R(ノーマル車)

同モデルの解説を行ってくれた説明員の方によると、このカスタマイズコンセプトは、CB1000Rが持っているスポーツ性能の高さと、車体のコンパクトさが生み出す魅力を、もっと多くの方に知って欲しいという思いから生まれたのだという。

その思いを具現化するために「ダーク&クール」をコンセプトとして、CB1000Rに最先端のカスタマイズパーツやノウハウを投入。一般的なCBシリーズのイメージとはとは一線を画す“クールでカッコイイ”という表現がピッタリくる、カフェレーサー仕様のモデルが完成したのである。

カスタマイズパーツメーカーと協力して理想の形を追求

とはいえ、いくら格好いいものに仕上がったとしても、ただワンオフ部品で全体を飾ってしまっては現実味がない。
そこで、モリワキやデイトナといったアフターパーツメーカーに協力を仰ぎ、「ユーザーさんが実際に装着したくなる」ようなパーツを共同製作。

取り付けられている部品は、デイトナ製試作ハンドル&バーエンドミラー、アクティブ製フロントブレーキレバー、ゲイルスピード製クラッチホルダー、プロト製スウェッジライン(ABS対応ブレーキホース)、モリワキエンジニアリング製クランクケースガード/オイルフィラーキャップ/フェンダーレスキット/バックステップ/マフラー、ハイパープロ製のリヤサスペンション、TSテック製スウェード調ビニールレザー、海外モデル用純正オプション品のメーターバイザー(国内未販売)……と多岐にわたっている。

低く抑えられたハンドルにバーエンドミラーを取り付けることで、ノーマルとはガラリと雰囲気が変わったハンドルまわり。メーターバイザーは海外向けの純正オプション。

それぞれの部品は各メーカーの参考出品(一部はすでに市販化)となっているが、聞くところによると反響次第で市販化の可能性もあるという。ともすれば同じ仕様のCB1000Rが製作できるかもしれないというのは、なんとも胸の熱くなる話ではないだろうか!

異なる“ブラック”を合わせて立体感を演出

ラジエターサイドカバーはセラコート、アルミ部品はアルマイト加工といった具合に、各部品それぞれで異なる手法でブラックにしている。

このCB1000Rはカスタマイズパーツのみならず、カラーリングにも力が注がれている。
タンクは深みのあるグラファイトブラックを採用し、それ以外の部品もブラックカラーにして統一感を持たせている。しかし注目したいのはそれぞれの部品が、異なった色味の“ブラック”で塗装されている点だ。

例えばラジエターサイドカバーなどは高硬度で高温にも高い耐性を持つセラコートのしっとりとしたブラックで、エンジン部はメタリックの入ったブラックでと、異なった着色手法やツヤで塗装されている。同様にアルマイトのブラックや先述の深みのあるグラファイトブラックで塗装されたタンクなど、各部品に異なるブラックカラーが施されている。

これは単一カラーによって統一感が出ることはもちろん、ツヤや着色方法が異なるブラックを合わせることで、車両のボリューム感や立体感を演出しているのだという。たしかに言われてみれば、同一のブラックで塗装するよりもボリューム豊かに見えるし、それぞれの部品が際立って見えてくることに気づくのだ。
こういった細かいところにまでおよぶこだわりが、カスタマイズモデルの真骨頂と言えるのかもしれない。

自身の理想のバイクが傍らにある喜び

CB1000Rの凝縮感あるデザインをさらに強くするブラックカラーと、ともすれば緊張感さえ覚えてしまうほどに作り込まれた各部の造形。筆者は会場でこのモデルを視界にとらえた際、素直に「カッコイイ!」と感じた。
もしかすると「CBらしくない」と眉をひそめる人もいるかもしれないが、「カッコイイ!」であれ「クール!」であれ、憧れを抱けるバイクがなければバイクに対する憧れが芽生えることもないし「このバイクと一緒にに走りたい!」という夢を現実にしようとする情熱が燃え上がることもなくなってしまう。

もしかすると、それこそがこのカスタマイズコンセプトモデルの狙いなのかもしれない。
余計な御託はいらない。ただただ単純に純粋に、バイクの格好よさを伝えたい。そしてバイクと一緒に走り出して欲しい。
もしCB1000RのよさPRしたいというコンセプトとは別にその狙いがあったのだとしたら、筆者はその思惑にバッチリとはまってしまったということか。

しかしそれでいいのかもしれない。なぜなら、そういったモデルや驚きの発見があってこその東京モーターショーだと考えるからだ。
スポーティなCB1000Rをいじる事でこれほどまで印象の異なるモデルへと変貌を遂げ、そしてこんなにも心を鷲掴みにされるとは当の本人が一番想定外だったが、会場内にはそういった驚きの光景が随所に隠されているに違いない。

ちなみにこちらのCB1000Rは一般公開日でも跨がりOKのエリアに展示される予定だという。実際に跨がらせていただいたが、ノーマルモデルとかなり異なる乗車姿勢が新鮮であったことをお伝えしておこう。
東京モーターショー2019の会場にお越しの際は、ぜひこのダーク&クールなCB1000Rご覧いただければ幸いだ。

画像ギャラリー

おすすめ記事

【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その1】大径だからオールラウンダーなのか? 最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/niu M+を試乗インプレ! 【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動! 最強モデルはどれだ!? 第3弾 航続距離の長い90~125ccマニュアル車ベスト10 701シリーズはスポークホイールを採用! ヴィットピレンとスヴァルトピレンの2020年モデルを発表 【NEW MODEL】KTM 790DUKE
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP