トピックス

サイクルロードレースで活躍 「ヤマハ・ナイケンGT」が2019ジャパンカップでデビュー!

マヴィックジャパンは、ヤマハ発動機のサポートを受け、「マヴィック・ニュートラル・モト」として「NIKEN GT(ナイケン GT)」を新たに1台導入。2019年10月19日(土)~20日(日)に開催された「2019ジャパンカップサイクルロードレース」にてデビューした。

ニュートラル・モトとは、パンクやホイールが破損するなどのトラブルが起こった際、すべての競技者がチームや機材、国籍に関係なく中立な技術サポートを受けられる「ニュートラルサービス」を提供するモーターサイクルのこと。
マヴィックのニュートラルサービスは、ニュートラル・カー「SUBARU LEVORG 2.0GT Eyesight」3台、ニュートラル・モト「YAMAHA TMAX530 DX」2台、そして今回導入される「NIKEN GT」1台のさらに充実した体制となり、より多くのレースをサポートすることが可能となった。

ヤマハ・ナイケンGT

マヴィックのニュートラルモトに導入されたヤマハ・ナイケンGT

この全てのライダーを支えるイエローカー(MAVICカー)とイエローモト(MAVICモト)による「マヴィック・ニュートラルサービス」は、プロのレースシーンのみならず、アマチュアのレースイベントにおいても、トラブルをその場で解決すべく最善を尽くし、すべての選手たちが無事にゴールを切れるようにサポートしている。
本国フランスでは1972年より、日本国内では1996年よりスタートしたこの取り組みは、マヴィックのブランドポリシーとも言えるのだ。

高い路面追従性を誇るLMWテクノロジーが真価を発揮


前二輪、後一輪の3輪バイク「YAMAHA NIKEN GT」は、さまざまな路面状況で高い路面追従性を誇るLMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジーを搭載。高い安定感とそれに支えられた高いコーナリング性能、そして、長距離も快適に過ごせるクルージング性能を誇っている。

時に細く、コーナリングが続くコースでの長時間に渡る高速レースにおいて、サービス・スタッフは、天候の影響や刻々と変化する自転車のスピードのアップダウンや激しい動きへの対応が求められる。俊敏さと安定感と信頼性の高いバイクは、サービスパイロットの体力的精神的な疲れを軽減し、過酷なレース状下において、サービスパイロットがよりレースのインフォメーションに集中することが可能となることだろう。

リヤキャリヤにはホイールがマウントされている。

二輪車の関わりがないと思いがちなロードバイクレースであるが、その機動力を生かしてレースの運営を支えているのだ。

関連記事

  1. 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Afric…
  2. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  3. あの“モンスターマシン”がズラリ! ニンジャH2オーナーズクラブ…
  4. 【NEWS】ヤマハのMT-10 SPやTMAX、 XMAXがデザ…
  5. 夏に食べたい旨い「レア飯」6選 in 北海道
  6. 【新刊情報】MCクラシック09号発売中!!
  7. 軽い・安い・楽しいが詰まった世界!125ccバイクの魅力とは?
  8. カスタマイズモデルを展示する意味とは? ホンダが東京モーターショ…

おすすめ記事

ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学辞典:後編 「原付一種→二種」販売台数が逆転? 早ければ2019年にも 1万7000回転の衝撃!! 大人気となった250cc4気筒レプリカマシン、ヤマハFZR250 2019年ホンダMotoGP、エンジニアが語った勝利のカギは「絶え間ないパワー向上」だった 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-2 追悼:日本モータースポーツ文化の礎を築き逝った昭和のレジェンドライダーたち
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP