トピックス

サイン・ハウスがファンティックの価格を変更

イタリアのファンティック製バイクを取り扱うサイン・ハウスは、10月1日(火)からの消費税の引き上げと輸入コスト高騰のため、車両価格と運賃を改定する。車両価格は125ccと250ccモデルが2万円、500ccモデルが3万円のアップとなる。

新価格

キャバレロ スクランブラー125 81万円
キャバレロ スクランブラー250 91万円
キャバレロ スクランブラー500 113万円
キャバレロ フラットトラック125 81万円
キャバレロ フラットトラック250 91万円
キャバレロ フラットトラック500 113万円
エンデューロ125 81万円
エンデューロ250 87万円
北海道・四国・九州・沖縄への運賃 4万4000円
その他地域への運賃 3万3000円
問い合わせ先 サイン・ハウス車両事業部
電話番号 03-3721-1770
URL https://caballero.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜近畿編〜 カウル補修やトップケース取り付けで悪戦苦闘 90年代の隠れ名車「カワサキ ZZR600」リフレッシュ計画【第2話】 デニムなのに革と同等の強度!? 「アーマライトジーンズ」人気の理由に迫る!

カテゴリー記事一覧