トピックス

【MIDLAND】インカムの「立体音響」を視聴すれば、Amazonギフトカードがもらえるかも!

■「立体音響エクスペリエンスキャンペーン」

まずはRCF社が監修した圧倒的パワフルな3Dサウンドを聴く!

二輪用品を企画・制作、輸入販売する株式会社LINKSは、【MIDLAND】インカムの高性能を体験してもらうため、「立体音響エクスペリエンスキャンペーン」を行っている。2りんかんで立体音響を視聴体験すれば、応募者に抽選でAmazonギフトカードが当たるというもの。期間は2024年7月21日まで。

応募方法と、キャンペーンの流れは以下のとおり。
1、店舗内にある什器に装着されているインカムをスマホとペアリングして視聴。
2、什器の写真をスマホで撮る。
3、キャンペーン申し込みQRコードを読み取る。
4、スマホ上で応募フォームに必要事項を入力。撮影した什器の画像をアップ。
5、応募フォームの送信で申し込みが完了。当選者には2024年7月末にギフトカードが配布される。
※キャンペーンは、MIDLANDインカム展示什器が設置されている2りんかん店舗にて実施されている。

「立体音響エクスペリエンスキャンペーン」応募方法

○MIDLANDインカムの「立体音響」とは?

世界の音響施設を手がける、音の魔術師RCF社が監修した圧倒的パワフルな3Dサウンドのこと。スピーカーだけではなく、臨場感ある音響空間を創造する音楽総合プロデューサーRCF社は、オペラハウスや、コンサートホール、空港、野球場等、世界73か国、1,000以上の施設の音響設備を施工した実績を誇る。
そんな音響の匠が、オートバイヘルメット用音響システムを総監修し、RCF高音質スピーカーとインカム最新ソフトウエアのダブル工法により、パワフルで、立体感あふれる空間オーディオを楽しめる仕様となっているのがMIDLANDインカムなのだ。

「立体音響エクスペリエンスキャンペーン」RCFスピーカー

○MIDLAND 立体音響インカムを搭載するモデル例

・「RUSH RCF」
操作簡単、ペアリングが要らない最強メッシュ通信モデル
シングルパック 希望小売価格36,000円

「RUSH RCF」

・「BT R1」
1人〜3人程度のグループに薦められるBluetooth通信モデル
シングルパック 希望小売価格27,000円

「BT R1」

レポート●モーサイ編集部 写真●LINKS

CONTACT

株式会社LINKS(MIDLANDウェブサイト)
https://www.midlandradio.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ヤマハ「モーターサイクルショー2024」の出展内容を発表、YZF、MT、XSR各シリーズにまたがれる!発売予定の最新MT-09も見られる!! ライダー向け水冷ベストのリキッドウインドが電動化!【モーターサイクルショー2024/タイチ】 HRC ホンダ Eエクスプローラー 大阪 FIM 2024 日本一詳しい「FIM Eエクスプローラー」現場レポ! 電動バイクの新レース、HRCだけでなく全マシン・全チームを解説!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション