トピックス

ヤマハオフィシャルチーム2024年の鈴鹿8耐参戦体制発表「YAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Team」が初表彰台と EWC の連覇を目指し参戦

■鈴鹿8耐久に参戦するヤマルーブYARTヤマハEWCオフィシャルチーム。左から、マービン・フリッツ選手、マンディ・カインツ監督、ニッコロ・カネパ選手、カレル・ハニカ選手。

YAMALUBEロゴの鈴鹿8耐仕様YZF-R1で鈴鹿8耐の表彰台を目指す、耐久スペシャリストチーム

ヤマハ発動機は、2024年7月19日(金)~21日(日)に開催される“コカ・コーラ”鈴鹿 8 時間耐久ロードレース第45回大会に、世界耐久選手権(EWC)にレギュラー参戦する「#1 YAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Team(YART)」が、トップチームとして出場すると発表した。

ライダーは昨年に続き、ニッコロ・カネパ選手(イタリア)をはじめ、マービン・フリッツ選手(ドイツ)、カレル・ハニカ選手(チェコ)で、チームをまとめるのはマンディ・カインツ監督。 YARTは、昨年の鈴鹿8耐では2番手走行中にトラブルがあり22位となったものの、2023年のEWCの第1戦で2位、第2戦で優勝、最終戦では4位となり、チームとしては2009年以来、ヤマハとしては 2017年以来となるチャ ンピオンを獲得している。 

ディフェンディングチャンピオンで迎えた 2024年は、フランスのル・マンで行われた開幕の24時間耐久で3位表彰台。続くベルギーでのスパ8時間耐久では2年連続で優勝し、現在ランキングは2位をキープ。トップに1ポイント差に迫っている。今夏の鈴鹿8耐では初の表彰台獲得を目指し、9月14~15日、最終戦のフランス・ボルドール24時間耐久にも挑み、2年連続での世界チャ ンピオン獲得を目指す。 

なおマシンは、チーム名にもあるヤマハの純正オイル・ケミカルブランド「YAMALUBE(ヤマルーブ)」のロゴを配した、鈴鹿8耐専用グラフィックを纏った「YZF-R1」を使用。 ヤマハはマシンYZF-R1の技術的なサポートや大会本番のチーム運営を支援し、同チームの年間タイトルの獲得と鈴鹿8耐での表彰台獲得に協力していく。

■参戦マシンはYZF-R1。ヤマハの純正オイルブランド、ヤマルーブのロゴを配した鈴鹿8耐専用のグラフィックをまとった仕様。

■前年の世界耐久選手権(EWC)シリーズチャンピオンを獲得した3選手が、今年の鈴鹿で耐久スペシャリストの走りを見せてくれるかに注目!

まとめ●モーサイ編集部  写真●ヤマハ

CONTACT

ヤマハ発動機  TEL0120-090-819(カスタマーコミュニケーションセンター)
https://global.yamaha-motor.com/jp/

鈴鹿サーキット8耐オフィシャルサイト
https://www.suzukacircuit.jp/8tai/

 

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【時代を駆け抜けたバイクたち8】KAWASAKI ESTRELLA・DUCATI SCRAMBLER 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロットル狂想曲 【南海部品】が「会社設立70周年」を迎え、リブランディングを発表。オリジナル商品「STAR」シリーズのロゴも新たに設定

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション