トピックス

「トライアンフ埼玉川口」は6月22日オープン!屋上大看板に全面ガラスの社屋が、目立つ!

■「トライアンフ埼玉川口」オープン

埼玉県で2店舗目となるトライアンフ最新CIに準じた販売店

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社とトライアンフ正規販売店契約を締結している株式会社ベルは、「トライアンフ埼玉川口」を2024年6月22日、埼玉県川口市にオープンさせる。

「トライアンフ埼玉川口」は、トライアンフブランドにおいて国内最大級の規模を誇る店舗として設定。外観はトライアンフ・ブランドのCIカラーであるブラックとグレーで塗り分けをした建物に仕上げている。道路沿いに全面ガラスを施し、外部からもショールーム内の展示車両などを見ることができ、存在をアピール。
店内に入るとトライアンフの最新CI、店舗スタンダードに準拠した内装となっている。ショールームスペースとしての車両展示エリア、木目の温かみを感じられるラウンジエリアにて、ゆっくりとウエアやアクセサリーなどを見られるようにしている。
新車納車の際に、新オーナーが特別な日を過ごせるよう、店舗内の中二階に車両説明などを行うスペースが設けられている。
オーナーのバイクを預かるワークショップは店舗上階に設置。クリーンでゆとりのある開放的な空間としていて、車両の購入からアフターサービスまで、オーナーのバイクライフを総合的にサポートする「ライダーに愛される店舗」を目指す。
「トライアンフ埼玉川口」の運営会社である株式会社ベルは、トライアンフ水戸、宇都宮、柏に続く4店舗目の出店となる。

販売車例:トライアンフの最新モデル「Trident Triple Tribute」。「Trident 660」の特別仕様車で、995,000円。

◯店舗概要
店名:トライアンフ埼玉川口(TRIUMPH SAITAMA KAWAGUCHI)
オープン:2024年6月22日
社名:株式会社ベル
住所:〒332-0002 埼玉県川口市弥平4丁目3-16
電話:048-299-7100

レポート●モーサイ編集部 写真●トライアンフモーターサイクルズジャパン

CONTACT

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
http://www.triumphmotorcycles.jp/
トライアンフ埼玉川口
https://www.triumph-kwgc.com/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「バイクジャケットはダサい」のか!? 自分が好きならそれが価値! その気になれればそれで勝ち! イェイ 【バイクのよろずはなし 001】 南海部品のSDW-3103「 ライディングデニムパンツ」は吸水速乾性の高い生地を採用し、夏場でも清涼感のあるはき心地! 神戸市のカワサキワールドでビモータとカワサキのコラボマシン、「TESI H2」を展示中!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション