トピックス

「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」はチーム和電&ハルト興業小川和人選手の2’22.772が最速タイム

■「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」

新たなシーズンの幕開け

株式会社カワサキモータースジャパンは、2024年4月28日に九州・大分県「オートポリス」で開催された「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」について、予選・決勝レース結果を公開した。

Ninja Team Green Cupは「Ninja ZX-25R」だけで行われるワンメイクレース。独自のレギュレーションにより、公道走行に近い状態で手軽にレース参戦ができ、自走での参加も可能。レース未経験でもサーキットならではの解放感、疾走感あふれる走行を楽しみながら、モーターサイクルの魅力を体感できるイベント。

「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」

○開催概要
レース名称:2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス
開催場所:オートポリス 4,674m (7周)
天候:晴れ
路面状況:ドライ

「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」

○クラス1 決勝正式結果
順位 チーム ライダー ベストタイム
1 FUJI FACTORY RT 藤田博史 2’26.251
2 XENOREX 呉本圭崇 2’32.279
3 TEAM WITH&KP福岡東 石内魁人 2’33.814

「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」クラス1 決勝

○クラス2 決勝正式結果
順位 チーム ライダー ベストタイム
1 チーム和電&ハルト興業 小川和人 2’22.772
2 Shinobi Racing Team 浅海康介 2’24.559
3 MCFWitレーシングMoty`s 長池将則 2’24.076

「2024 Ninja Team Green Cup 第1戦オートポリス」クラス2 決勝

「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦岡山国際サーキット」エントリー開始

株式会社カワサキモータースジャパンは5月9日、「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦岡山国際サーキット」のエントリーを開始した。
開催日は6月16日で、予選が10分間のタイム計測、決勝が8周のスプリントレーとなる)。エントリー期間は4月28日〜5月20日。
また、女性ライダーを応援するクラスとして新たに「レディースクラス」を新設した。

「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦岡山国際サーキット」「レディースクラス」を新設

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

○株式会社カワサキモータースジャパン
https://www.kawasaki-motors.com/

○「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦岡山国際サーキット」エントリーフォーム
https://www1.ms-event.net/oicweb/user/?a=race.race_entry_list

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ヨシムラ】がCT125・ハンターカブ(20/22-23)用「機械曲Tacticalサイクロン 政府認証」マフラーを発売! 並んだときドヤ顔できr…… 「クシタニコラボ・ネックウォーマー」が特別付録のモーターサイクリスト3月号、好評発売中です! 「キャンディークロモスフィアレッド」がホンダ「NT1100」に新採用! 深みのあるレッドが上質な走りを予感させる!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション