トピックス

スーパーカブの当時広告をパネル展示!渋谷ヒカリエで開催のデザインイベントにて「カブ」を題材をした企画を実施

広告デザインの視点で見るスーパーカブの歴史

東京の渋谷ヒカリエで2024年5月17日(金)〜19日(日)に開催される『未来を拓くニッポン・デザイン展』。
このイベントは公益社団法人・日本広告制作協会(OAC)設立50周年を記念してたもので、「REDISCOVER NIPPON DESIGN」をテーマに、「ニッポンのデザイン」という視点からデザイン本来の価値を俯瞰し、未来を拓く力を再発見しようという試みです。広告クリエイターの視点で、伝統工芸から食文化、工業デザインに至るまで、ニッポンのデザイン文化論が展開されます。

このデザイン展にOAC会員であり、長年にわたり本田技研工業の二輪製品を中心に広告、カタログ、PR映像の企画・制作を手掛けてきた東京グラフィックデザイナーズがスーパーカブを題材として出展。
「新しい乗り物が『暮らし』をデザインした」をテーマに、同社が企画・制作したスーパーカブの広告をパネルで紹介するなど、スーパーカブが現在も人々の暮らしをデザインしていることを紹介する展示が行われます。

1958年に発売された初代スーパーカブ「C100」
実用車のイメージが強いスーパーカブだが、若者や女性をターゲットにした広告も積極的に行っていたほか、バイクのイメージ向上を狙ったメッセージも込められていた

『未来を拓くニッポン・デザイン展』イベント概要

■主催
公益社団法人 日本広告制作(OAC)協会

■開催日時
5月17日(金)13:00〜20:00
5月18日(土)11:00〜20:00
5月19日(日)11:00〜17:00

■会場
渋谷ヒカリエ8F 8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

■展示内容
OAC会員社によるパネル・映像展示と、一般公募によるグラフィックや映像なども紹介。

■入場料
無料

■公式webサイト
http://www.oac.or.jp/nippon_design/

東京グラフィックデザイナーズとは?

1961年設立。1960年代のスーパーカブの広告では、人々の生活の中にあるスーパーカブをさまざまな視点から捉え、ユニークな作品を世の中に発信した。これらの活動は、アメリカで大々的に行われた「YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA」のキャンペーンのルーツとなった。

まとめ●モーサイ編集部

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEWS】HYODの旗艦店に行ってみたら、いろいろとスゴかった! 「盛り上がりムードと無観客イベント両立の試み」メグロが50台も参加した2021年パイオニアラン お隣のセガレから要請「ライト暗いの、何とかして~」【プロカメラマン】ダックス70に七転八倒 1回目 6V編

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション