トピックス

「青くなったRC213V」レプソルホンダが2024年MotoGPマシンを発表!

レプソルホンダチームが2024年型RC213Vを発表

2024年2月13日、MotoGPに参戦するホンダワークス「レプソルホンダチーム」が2024シーズンのマシンをスペイン・マドリードで発表しました。
もちろん性能面の進化も気になるところですが、パッと見て驚くのがカラーリング。
サイドカウルやタンク側面など青い部分が増え、青、赤、白のホンダらしいトリコロールのイメージとなっています。
残念ながらレッドブルがスポンサーから外れ、おなじみだった赤い牛はいなくなってしまいましたが──。

レプソルホンダチームRC213V(2024)
レプソルホンダチームRC213V(2024)

2024年のレプソルホンダチームはジョアン・ミル選手とルカ・マリーニ選手という布陣。ちなみに、2024年はレプソルがホンダのパートナーとなって30周年という節目の年でもあります。

#36がジョアン・ミル選手、#10がルカ・マリーニ選手。

イメージ一新「青いRC213V」を走らせるレプソルホンダチームの活躍に期待ですね。2024年のMotoGPは3月8日~3月10日開催のクェートグランプリを開幕戦に、11月の最終戦バレンシアグランプリまで全21戦が行われます。

ちなみに2023年のRC213Vは──

2023年のレプソルホンダチームRC213V(マルク・マルケス車)
2023年のレプソルホンダチームRC213V(マルク・マルケス車)

まとめ●モーサイ編集部 写真●HRC

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ホーネット 250 ホンダ 1996 ホンダ ホーネット開発ヒストリー「250cc4気筒に900cc並の極太タイヤ!」異例の250ネイキッド、そのコンセプトとは?<1996年デビュー時レポート> 「ギアフェスタ TOKYO PALOOZA 2023」が6月24日(土)に開催! 工具ファン必見の即売イベントだ! 125ccマニュアルミッションのファンバイク、カワサキZ125プロがカラーを変更

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション